これは押さえておきたい!~住宅・不動産に関わる、使える統計情報~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

国土交通省の「既存住宅ストックの活用による共同住宅の居住水準に関する検討会」第1回目の配布資料から、有用な統計情報が公開されていますのでご紹介します。

この検討会の主旨は、既存ストックを活用した新たなセーフティネット住宅の整備に向けた取り組みの一環で、制度的な枠組みを固め、来年の通常国会に提出するものです。

わかりやすくいうと、セーフティネット住宅とは、低額所得者・被災者・高齢者・障害者・子育て家庭・その他、住宅の確保に特に配慮を要する方々向けの住宅を指しますので、本検討会はそういった方々へ向けての既存住宅、特に空き家などを活用・整備していく枠組みを検討していくものになります。

本来は上記の主旨ではありますが、本会で配布された 「住宅セーフティネットを取り巻く状況」 という国土交通省の資料には、会の主旨とは別に、我々が見て確認しておきたい統計資料が掲載されています。そのいくつかを紹介すると・・・

★単身世帯数は全世帯類型の中で1位(約33%)、今後も2位以下との差は増大 ・・ 将来的にもさらに増加する、これからは広いファミリータイプよりも手ごろな広さの単身者・二人用の住宅が中心になる。広さよりも利便性がさらに重視される。

★30代男性の年収は平成10年から比べて10~13%も下がっている。 ・・ 今後の住宅価格は弱含み。中古で売却する際の価格下落圧力となるため、購入時から予算を抑えておく必要がある。

★30歳未満の単身世帯の消費に占める住居費割合は40年間で5倍に ・・ 若い単身世帯から住宅へ求める内容が高まっている。

★「その他空き家」(=真の空き家)で、耐震性がない住宅は42% ・・ 国としては耐震補強よりも新築へ建替えることを求めているのが本音。

不動産投資をされる方は必須ですが、自宅を購入する方、不動産を所有している方にも、押さえておきたい、今さら聞けない統計情報が載っています。

将来の不動産市場、住宅事情を展望するための現状把握資料として、一度ご覧になっていただくことをお勧めします。

【国土交通省】
既存ストックの活用による共同居住型住宅の居住水準に関する検討会
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000033.html
同上・配布資料3 「住宅セーフティネットを取り巻く状況」
http://www.mlit.go.jp/common/001151587.pdf

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 価格:980万円 所在地:松戸市上本郷1467-6 交通:常磐線 馬橋駅 徒歩17分、北松戸駅 …
  2. 価格:2,290万円 所在地:千葉県印西市原二丁目1番地 交通:北総線印西牧の原駅より徒歩4分 …
  3. 価格:1,250万円 所在地:千葉県流山市東深井726-30 交通:東武野田線運河駅より徒歩19…
  4. 価格:1,800万円 所在地:千葉県松戸市根本 交通:JR常磐線・JR常磐緩行線/松戸駅 徒歩4…
  5. 価格:2,180万円 所在地:千葉県松戸市六高台5丁目55-1 交通:東武野田線六実駅より徒歩1…
売却の窓口
売却の窓口
売却の窓口
住宅あんしん保証
建物調査あんしんくん
柏市・松戸市・流山市・不動産情報
中古マンション売買サポート
不動産購入支援サイト
不動産売却支援サイト
ページ上部へ戻る