ホームインスペクションの説明資料を作成いたしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

近頃、「ホームインスペクション」が
徐々に浸透してきたことを感じております。

これは、今年の4月より現況調査の有無を確認することを
法律で義務付けられたことが大きく影響しています。

ホームインスペクションとは、
文字通り「ホーム(建物)をインスペクション(検査)」する、
つまり住宅診断のこと。

「第三者が建物を診断してくれる」

そこまではなんとなく分かっていても、
どんな内容で、どんなメリットがあるのかまでは
分からないという方が(業者を含めて)、
まだまだ多いのが実情です。

これからの時代、住まいを買ったり売ったりする可能性がある方なら、
必ず知っておきたいホームインスペクション。

中古住宅の売買を考えたときに、
これまで、保証がどこにもない状態でした。

新築の場合は、建築会社が保証をすることを義務付けられています。
しかし、中古住宅の場合は、売主が個人の場合がほとんどで、
不動産会社の立場はあくまでも仲介です。
何か物件に問題があったとしても、責任は負いません。

新築住宅が大量供給され、価格も低価格で推移していることから、
価格と保証、さらに新しい設備も相まって、
日本では「新築信仰」と言われるほどに、中古住宅流通が伸び悩みました。

価格や立地などが同じ条件であれば、建物が新しい新築に、
購入者が動いていくのは必然で致し方ありません。

しかし、価格差が適正で、立地などが良い場合、
購入者は、建物の新しさ、か、価格か、立地か、などで悩みます。

その時に、もし、建物に対する安心感という面だけで、
新築に流れてしまってはもったいないものです。

築年数はいかんともしがたいところですが、
建物を点検し、状況を報告したうえで、
修繕が必要であればその費用を提示し、
さらに、既存住宅瑕疵担保保険への加入などをすることにより、
安心感(保険の加入と現状の透明化)で、
中古住宅の有利さである価格や、その物件の立地などで、
新築へ流れる購入者を引き寄せできるとすれば、
良い条件で売れる、早く売れる、という結果にもつながります。

このホームインスペクションについて、
分かりやすいチラシを作成いたしましたので、
ご興味がある方はご覧になってみてください。

建物状況調査(ホームインスペクション)
https://www.preseek.jp/buy/20180805.pdf

補足
折角、ホームインスペクションをして、
既存住宅瑕疵担保保険に加入することで安心感を与えても、
やはり、購入者は見た目の印象が、購入の判断に大きな影響を与えます。
見た目の印象を良くするためには、ホームステージングをお勧めします。

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 価格:1600万円 所在地:松戸市大橋454-17 交通:北総線 北国分駅 徒歩10分 面積:…
  2. 価格:1,800万円 所在地:千葉県松戸市根本 交通:JR常磐線・JR常磐緩行線/松戸駅 徒歩4…
  3. 価格:1,780万円 所在地:千葉県流山市東深井882-123 交通:東武野田線運河駅より徒歩1…
  4. 価格:980万円 所在地:流山市前ヶ崎668-35 交通:常磐線 北小金駅 徒歩17分 面積:…
  5. 価格:630万円 所在地:柏市新逆井一丁目32-16 交通:新京成線 五香駅 徒歩27分 面積…
売却の窓口
ページ上部へ戻る