不動産売却基礎知識 -売却依頼までの流れ-

不動産売却

不動産売却

不動産売却

査定方法を知ろう!「簡易査定」と「訪問査定」

不動産売却や住み替えを意識したときに、最も気になるのはその不動産が“いくらで売れるのか”です。ますは、不動産査定で、所有不動産がどれくらいの価格で売れるのか査定してもらいましょう。

不動産査定には、机上査定と訪問査定という2つの査定方法があり、おおむね3ヵ月以内に売却できる金額を想定してご提示しています。マンションの場合は、周辺相場や取引事例などによって大まかな傾向を把握することができますので、机上査定であってもある程度精度の高い査定となりますが、個別性の高い一戸建て住宅や土地の場合は、原則として現地調査を伴う訪問査定が必要となります。

簡易査定

簡易査定とは、近隣相場、直近の取引事例、公示地価等の「基礎データ」を参考にして、机上価格を算出する方法です。現地調査がないためスピーディに査定価格をお伝えすることができますが、「不動産の個別性」が考慮されていないため、正確な実勢価格とは異なります。あくまで「目安」とお考え下さい。

訪問査定

訪問査定とは、担当者が現地を調査した上で、査定価格を算出する方法です。近隣相場、直近の取引事例、現在の売出し事例などの「基礎データ」と、室内および付帯設備の状態といった「不動産の個別性」の視点から査定を行うため、より正確な査定価格を知ることができます。

「査定価格」と「売り出し価格」と「成約価格」の違い

査定価格が決定すれば、次に『いくらで売出しを始めるのか』という売出し価格を決めるステップに進むことになります。査定価格は不動産取引実務に携わる専門家の意見ではありますが、最終的に「売り出し価格」を決めるのはあくまでも売主様ご自身です。

ただし、最近では買主様側もインターネットを活用して物件情報を検索し、周辺相場のデータを持っているケースがほとんどですので、相場から極端に離れた売り出し価格は、売却活動を長期化させることになり、よい選択とは言えません。担当者と十分ご相談の上で、ご自身でも納得できる売り出し価格を設定しましょう。

「売り出し価格」で売却活動をスタートしても、その価格で売却できるとは限りません。最近では、買主側から値段交渉を求められるケースが一般的ですので、ある程度の値引き幅を想定しておくことが賢明だと思います。最終的に売主様と買主様が合意した金額が「成約価格」となります。

不動産会社が物件を買い取って再販することを前提とした「買取価格」は、売れ残りリスクを考慮されるため、通常の査定価格を大きく下回ることになります。
[br num=”1″]
売却価格

媒介契約について

宅地建物取引業者が宅地や建物の売買や交換の媒介(仲介)の依頼を受ける際の依頼者との契約を「媒介契約」といいます。契約形態の詳細は以下の通りです。

不動産売却

不動産売却

不動産売却

不動産売却

ピックアップ物件

  1. 価格:1,990万円 所在地:千葉県柏市手賀の杜3-7-14 交通:常磐線我孫子駅よりバス9分、…
  2. 価格:400万円 所在地:取手市戸頭622-20 交通:関東鉄道常総線 戸頭駅 徒歩4分 面積…
  3. 価格:2,980万円 所在地:千葉県柏市花野井1872-255 交通:つくばエクスプレス柏の葉キ…
  4. 価格:2,230万円 所在地:千葉県印西市原2丁目 交通:北総鉄道/印西牧の原駅 徒歩4分 …
  5. 価格:2,180万円 所在地:千葉県柏市小青田2-1-2 交通:つくばエクスプレス/柏たなか駅 …
売却の窓口
売却の窓口
売却の窓口
住宅あんしん保証
建物調査あんしんくん
柏市・松戸市・流山市・不動産情報
中古マンション売買サポート
不動産購入支援サイト
不動産売却支援サイト
ページ上部へ戻る