「告知書」の正しい事前公開

「告知書」の事前作成

中古住宅の場合、契約をする段階においては、国が推奨している「告知書」を作成致します。この「告知書」とは、売主様が知っている物件に関する情報を買主様にお知らせすることです。

「雨漏り」の有無や「シロアリ」の被害、そして水回り等の設備の故障などは、予め知らせなければなりません。

ところが、今までの我が国では、買主様は契約の場で突然知らされるのです。これでは安心した取引が行えません。本来は、事前に作成し購入判断をする段階で提示すべきものです。

「売却の窓口R」では、正しい情報開示の為に「告知書」の事前作成と事前開示を行ってまいります。

ピックアップ物件

  1. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  2. 価格:2,780万円 所在地:千葉県松戸市古ヶ崎3-3442-10 交通:常磐線北松戸駅より徒歩…
  3. 価格:980万円 所在地:流山市前ヶ崎668-35 交通:常磐線 北小金駅 徒歩17分 面積:…
  4. 野田市鶴奉
    北西側・幅員約6.0m野田市道、南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、陽当たり・風通しが確保しや…
  5. 価格:1,200万円 所在地:柏市光ヶ丘3-2-2 交通:常磐線 南柏駅 バス6分・徒歩6分 …
売却の窓口
ページ上部へ戻る