住み替えのリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日は「家を売って、家を買う」という住み替えのご相談でした。

このうちどちらを優先して進めるかによって、
「売り先行」、「買い先行」、「売り買い同時」の3パターンに分けられます。

形だけで言えば売り買い同時が理想です。
難しいのは、家の買い手が見つかったときに、
条件に合う(気に入る)家が見つかるかどうかのタイミング(縁)です。

また、引渡しについての繊細な調整が必要となり、
売る時の買主、買う時の売主など、関係者のご協力も必要となります。

売り先行、買い先行の場合、それぞれに良し悪しがあります。

売り先行は「資金計画を重視」とも言え、
売却の金額が決まってから動き出すため、資金計画に狂いが出ません。
売却金額が思ったよりも安くなることでの
ローンが返済できない、自己資金が少ない、などのリスクなくなります。

売り先行のデメリットは、
仮住まいが必要となるため、引越しが2回になり、費用も必要となります。

買い先行は「住まいを重視」とも言え、
新しい住まいを見つけるのに慌てることもなく、
納得したお住まいを購入することができます。

買い先行のデメリットは、
売却を急ぐことになったり、思ったよりも安くしないとならなかったり、
売れるまでの間、住宅ローンの返済が二重になる可能性があることです。

住み替えを考えた場合、売り先行、買い先行のどちらのタイプが
自身の状況や希望に合うかを見極める必要があります。
(同時進行は売り先行タイプに分類されます)

資金計画が成り立たなければ、リスクは抑えなければ、
となれば、売り先行タイプになります。

住み替えが必須で、住まいに妥協したくない、
期限が決まっている、引越し2回は厳しい、
となれば、買い先行タイプになります。

買い先行の場合、進める前に検討しておきたいのが、
二重ローンに耐えられるのか、
いざという時に業者買い取りも考えられるのかのリスク対応力です。

売り先行、買い先行のいずれにしても、
大事なポイントは、動く前に住み替えの分析をすることです。

それぞれのメリットデメリットとリスクへの対応、
売却査定金額の把握、家族のご希望や状況などを
総合的に検討することが必要となります。

このあたりをあまり考えずに、
住み替えに進んでしまうと、後々、困ったことになります。

昨日、このような相談(別件)がございました。
・他社に依頼しているが売れない
・新しい住まいへの引っ越しが迫っている
・価格は下げられない

お電話のみでしたが、悲痛なお声でした。
スタートの時点で、希望通りに売れなかった場合に、
どのような対処を予定されたのでしょうか。

おそらく、購入先の不動産業者は売れればいいと
リスクへの対応を説明してなかったのだろうなと思います。

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 価格:880万円 所在地:野田市宮崎54-12 交通:東武野田線野田市駅 徒歩12分 面積:1…
  2. 2018/5/17

    沼南エリカ
    価格:490万円 所在地:千葉県柏市大井934番2 交通:常磐線/柏駅 バス10分エリカ前より徒…
  3. 価格:1600万円 所在地:松戸市大橋454-17 交通:北総線 北国分駅 徒歩10分 面積:…
  4. 価格:980万円 所在地:流山市前ヶ崎668-35 交通:常磐線 北小金駅 徒歩17分 面積:…
  5. 価格:630万円 所在地:柏市新逆井一丁目32-16 交通:新京成線 五香駅 徒歩27分 面積…
売却の窓口
ページ上部へ戻る