災害が発生した後の不動産市場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

防災の日に絡み、
災害と不動産の関係をお知らせいたしました。

そして、火曜日に近畿地方を中心に台風、
木曜日には北海道で大地震と、
西日本豪雨に続き、大災害が発生しています。

台風の被害では、
浸水と陸橋が破壊された関西空港が目立っておりますが、
街中では、突風による車両の横転、建物の損壊が、
あまりにも衝撃的でした。

大阪の海沿いがどのような建物があるのか存じませんが、
今回の台風が関東地方に上陸した場合、
高潮による埋め立て地の被害がどのようになるのか、
高層マンションでの突風による被害、
さらに、マンション周辺でのビル風による被害がどうなるのか、
とてつもないことになるのではないかと想像されます。

北海道の大地震では、
土砂崩れと液状化現象による被害が目立っております。

空からの映像を見ると、土砂崩れというより山が崩れたとも言え、
これほどまでに広範囲で崩れた被害状況とは驚きました。

液状化現象の被害は、
東日本大震災で千葉県内でも多くの被害がございました。

今回の被害状況を映像で見ると、
海沿い、川沿いの低地(田んぼや湿地)の埋め立て地ではなく、
山あいのような住宅地に見え、違和感を受けました。

後々、液状化が起きた背景の解説を聞きますと、
元々、沢があったところを埋め立てたのことで、
これまでも地震による液状化があったとのことです。

山崩れとも言える土砂崩れは、
背景や状況を考えると難しかったかもしれません。
しかし、液状化現象による被害を回避することは、
事前にできたのではないかとも思います。

地盤ができた背景(埋め立て、以前は沢)、
過去の被害などから、ここは液状化現象のリスクがあると。

一昨日、流山市の江戸川沿いにできた新しい住宅地を走る機会があり、
ここは元々田んぼで埋め立て作られた住宅地だけど大丈夫なのか、
流山市のハザードマップを見てみると、
液状化のリスクはないとの表示でした。

これを見て、
地価(土地の売れ行き)を忖度してリスクを隠しているのか、
最新の埋め立て技術で液状化リスクを減らしているのか、
どっちなのだろうと考えてしまいました。

さて、先週のように、台風、地震と災害が発生しますと、
不動産市場にも影響が出ます。

短期的(1~2週間)には、
様子見から、購入そのものの活動を控える。

中期的(1~2ケ月)には、
災害リスクを考えて判断する。

長期的(半年以上)には、
災害リスクを忘れて利便性を優先する。

お盆休み明けから活況となった市場ですが、
先週から今週は、災害が発生したことにより、
落ち着いております。

この落ち着きは一時的なものと思われ、
災害による被害が落ち着いてくると、
改めて動き出してくると思われます。

売却そのものは、売主様それぞれのご事情や状況により
動き出すタイミングは変わってくると思います。

今回の災害とご所有不動産の関係については、
お気軽にお問い合わせください。

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 価格:1,780万円 所在地:千葉県流山市東深井882-123 交通:東武野田線運河駅より徒歩1…
  2. 価格:880万円 所在地:野田市宮崎54-12 交通:東武野田線野田市駅 徒歩12分 面積:1…
  3. 価格:630万円 所在地:柏市新逆井一丁目32-16 交通:新京成線 五香駅 徒歩27分 面積…
  4. 価格:980万円 所在地:流山市前ヶ崎668-35 交通:常磐線 北小金駅 徒歩17分 面積:…
  5. 価格:1600万円 所在地:松戸市大橋454-17 交通:北総線 北国分駅 徒歩10分 面積:…
売却の窓口
ページ上部へ戻る