20年後にマンションは売れるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

20年後にマンションは売れるのか(05.05.27)

「20年後のマンションは売れるのか?」という質問を頂きました。 私の独断による推察をご紹介します。ちなみに当たるか外れるか分かりません。

まず、マンションの建物そのものの価値から考えますと、 20年程度では、まだまだ利用できると思われます。 20年後の利用価値がどの程度の評価をされるか分かりませんが、 現在と同等程度の評価がされれば、ある程度の価格が付き、 売却は可能ではないでしょうか。

また、20年後の中古マンション市場を推察してみますと、 かなりの供給(売却)が出ていると思われ、たくさんの マンションとの比較・競争になるのではと思います。

その際、マンション本来のあるべき形として、利便性と維持管理状況、 それと同マンションの住環境などが考慮され、この点に競争力があれば、 その分だけ価値(評価)が上がるのではないでしょうか。

逆に競争力がないマンションの場合、価格を落として、 コストの部分で競争力をつけなければ売却できないと思われ、 売れるには売れても、価格は安くなるのではと思います。

20年経ったら単純に資産価値(利用価値)がゼロとはならないでしょうが、 同じ20年経ったマンションでも、マンションごとに格差が出てると思います。

現在検討されているマンションが、どういうマンションか分かりませんので、 何とも言えませんが、「・・周辺」という点は利便性に優れているのではと思いました。

もし、私が・・様と同じ立場なら、20年間の利用価値だけを考えて購入します。 20年後に価値が残るかどうかではなく、20年後に価値がゼロになるような マンション(中古)を購入し、20年後に少しでも値が付けば儲け物、 値が付かなくても、処理さえ出来れば良し、もしくは賃貸に出して少しでも 家賃が取れればよいかなという考えで購入します。

価値が残るかなと考えて購入し、もし20年後の市場状況が悪くて価値が 出なかったら悲しいです。しかし、もともと価値がゼロなら、 予定通りなのでいいのかなと。

ご購入されるマンションと同程度の利用価値があるマンションを賃貸で借りた場合、 家賃がいくらなのか考えてみると、マンション購入に充てても良い金額の目安が出ます。

例)同程度のマンションが月12万で借りれるとしたら、12万×12月×20年=2,880万円

多少損得を考えましたら、2,000万円台前半で購入できれば、 20年後に価値がなくても、元は取ったから良し、 売却して多少の現金が入るか、賃貸して多少の家賃が入るかすれば、 その分だけ儲けかなという感じでしょうか。

上記計算は細かいところを抜きにして考え、家賃相場やマンション相場も 知らないままの計算ですので、今回ご購入のマンションとすぐに比較は出来ませんが、 私の考え方として、こんな感じと掴んで頂ければと思います。

[cc id=42 title=”下部バナー”]

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る