売却のベストな時期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

実は1年のうちに、
高く売れやすい時期とそうでない時期があります。

人が家を買おうと思ったとき、
いつまでに入居していたいかと考えます。

仕事でも家庭でも、
区切りがあるタイミングでの引越しを想定します。

それは、
「新年(年末年始)は新居で」
「新年度は新居で」
「結婚後の新居は持ち家で」

新年は新居でと考えた場合、
引越しまでの流れから逆算しますと、
9月もしくは10月に住まい探しから契約をして、
住宅ローンの手続きなどを経て、
11月から12月に引渡しを受けるとなります。

新年度は新居でと考えた場合、
同様にして、1月早々に住まい探しをしてとなり、

新婚時の新居は持ち家でと考えた場合、
3月から4月、もしくは、8月から9月となります。

いずれのケースでも、
引越しやその他の準備(進学、結婚)などから、
もう少し早めに動いた方がいいのですが、
購入される方は、得てして住まいの購入に要する時間を
甘く(安易に)みているケースが多く、
ご紹介したような時期に動き出すことになります。

このことから、1年のうち、
もっとも物件が高く売れやすいのは、
1月・2月の新春、9月・10月の初秋の時期になります。
逆に年末間近、年度替わりの時期は売れにくい傾向にあります。

特に来年は、
4月から5月は元号が変わることから、
不動産市場は止まることも予想されます。

近々、もしくは、年内にでも、売却を、とお考えの方は、
この動きに乗れるよう、早めに動き出すことをお勧めします。

年明けから年度内にという方は、
年末前にはご準備されることをお勧めします。

どうしてもこの時期に合わせられない事情などがない限り、
このタイミングに合わせることがとても大事です。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。建築条件ございませんので、お好きなハウスメーカーにて建築…
  2. 白井市七次台土地戸建て
    南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、南西側は道路が伸びて、広々とした空間は開放感をもたらしま…
  3. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  4. 南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
  5. 全室南向き、2階の広々としたリビングダイニング、ワイドバルコニーなど、明るい陽射しを取り込めるお住ま…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る