老後の住まいは持ち家がいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
老後の住まいの賃貸費用

9月1日は防災の日であり、
夏休みも終わる日でもありますが、
今年に限っては、消費税増税まで1ヶ月を切った、
という日にもなります。

TVやネット、雑誌などでも、
消費税増税について取り上げられることが多くなりました。

消費税増税後の家計負担増加から、
これからの生活にどのように影響があるのか、
そして、もっとも深刻な影響が出るのが、
老後生活(年金生活)と言われております。

現役時代の収入により年金支給額は変わりますが、
ほとんどの人は年金以外の部分で対策が必要となり、
老後の住まいをどのように備えておくのかにが重要です。

簡単に言えば、持ち家がいいか、賃貸がいいか、という判断です。

これを判断では金銭的な部分がピックアップされがちですが、
それ以外の部分を考えても、個人的(私のケース)には、
持ち家に分があるのではないかなと思います。

1)金銭的な負担

住宅ローンの支払いが完了していれば、
固定資産税、修繕費等の費用だけで負担が済む。

長生きの時代になるほど、賃貸の場合は家賃負担が大きくなる。
私の母が現在は賃貸暮らしですが、
家賃に加え、介護費用、医療費、食費などまでみると、
いつまで資金が持つのか不安で仕方ありません。

もし、貯蓄がなくなり、子供からの支援が難しくなり、
年金だけでは暮らしていけなくなった場合、
90歳を過ぎてのホームレスとなるのでしょうか。

せめて家賃負担だけでもなければなんとかなる、
というところです。

2)安定性と柔軟性

現在83歳の母を見ていると、
60歳代、70歳代、80歳代の10年スパンで、
生活スタイルや状況に変化があります。

この変化にも持ち家であれば、
リフォームなどで柔軟に対応できる。

大家さんの意向に左右されず、暮らし続けることができる。

家余りの時代で賃貸物件が探しやすくなってきたとはいえ、
高齢者となってからの賃貸物件探しは不自由することがあり、
家族などの協力も必要となってくる。

また、賃貸物件よりも広さや設備が充実しているケースが多い。
あくまでも確率と経験値からですが、
隣地、隣家、隣部屋との関係も持ち家の方が良いように思います。

3)住み替え

持ち家であれば、
売却して次の住まい(施設など)や老後資金の足しにできる。
(もしくは賃貸で家賃収入も)

このためにも、売れる(貸せる)不動産、
価値がある住宅であることが必須です。

なお、生活利便性や近隣関係などの外部要因で
住み替えをする場合では、
賃貸の場合の方が分があり、
持ち家では、住み替えがしづらくなります。

また、介護や認知などになってきてからの売却は
手間や負担が多く、家族の協力と事前の準備が必要です。

不動産の内容によっては、
売れない、貸せないこともあり、相続も含め、
家族に負担をかけることもあるが、
賃貸物件の場合はそのような負担リスクはない。

4)対策

持ち家でも賃貸でも、結局のところは「お金」につきます。

持ち家の方が有利になる傾向が強いのは、
老後の住まいに必要な資金を用意しやすいということになるのでしょうか。

現役世代も賃貸、老後の住まいも賃貸という場合、
老後が始まるまでの貯蓄において、
「老後の住まいの賃貸費用」も加えて蓄えなければなりません。

家賃負担に加えて、老後資金も貯めないといけないなると、
よほどの高収入か、ストイックな倹約か、
かなりの幸運に恵まれる必要があります。

金利が低い現状や持ち家推進の政策などを考えると、
家賃負担を住宅ローン返済に充て、
老後資金の対策にすることが現実的です。
ただし、価値ある住宅(不動産)であることが必須となります。

今回の消費税増税では、
不動産市場では駆け込み需要は起こらず、
ただただ、増税後の不景気と市場の落ち込みだけとなりそうです。

その分、これから家を買う人には、
いい物件を安く買えるという恵まれた状況になります。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 全室南向き、2階の広々としたリビングダイニング、ワイドバルコニーなど、明るい陽射しを取り込めるお住ま…
  2. プレミアムフォート柏
    キッチン、浴室にも窓がある南西角部屋の採光性は高く明るい住戸、植栽などでプライバシー性も確保されてお…
  3. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  4. 白井市七次台土地戸建て
    南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、南西側は道路が伸びて、広々とした空間は開放感をもたらしま…
  5. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る