リ・バース60

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
住宅ローン,老後資金

住宅金融支援機構より「リ・バース60」という商品が出ました。

パッと広告を見たとき、60年返済のフラットか!、どこまで長期返済にするのか!、そこまでして融資(家を買わせる)したいのか!、と思いましたが、よくよく見ると早合点のようでした。

「リ・バース60」とは、満60歳以上の方向けの住宅ローンで、毎月、利息のみを支払い、死亡したときときに元金を相続人の方が一括して返済するか、担保物件(自宅)の売却で返済する商品です。

特徴1)フラット35と同様に民間金融機関の融資を保証する。死亡時に一括返済されない場合、住宅金融支援機構が返済し、自宅を売却して返済に充てる。

特徴2)満60歳以上の方が対象となる。50~60歳までの方用に「リ・バース50」もある。

特徴3)毎月の返済は利息のみで家計負担が少ない。

特徴4)元金の返済は死亡時に一括にて行う。担保割れ(自宅売却代金よりも融資残高が多い)が見込まれる場合、自宅を手放せば残債の返済は不要(ノンリコース)。

特徴5)融資金は住宅の建設・リフォームの他、サ高住への入居資金、住宅ローンの借り換え資金、子世帯の住宅取得資金としても利用可能。

今回の新商品発売に際して、住宅金融支援機構(国?)は、融資拡大(勢力拡大)と景気対策、財政負担なく老後資金を手当てを目的としているものと思われます。

既に、民間の金融機関でも老後資金向けの融資である「リバースモーゲージ」がございましたが、担保割れリスクなどから普及しておりません。

今回の「リ・バース60」では担保割れリスクを住宅金融支援機構が持つことで、金融機関は融資をしやすく、消費者は利用しやすくなる。これを利用することで老後資金を子ども世帯への負担を減らして確保しやすくなります。

また、リバースモーゲージでは担保評価が高い都市部でしか利用できませんでしたが、地方、郊外でも利用しやすくなります。

ただし、資金使途が限定的ですので、老後資金そのものへの利用よりも、住宅部分に関する費用をカバーするので、住宅用の支出部分を老後資金へ充てるという間接的な手法になります。

マンションそのものは否定されておりませんが、建替えが基本となると戸建てがメインでしょうか。(マンションの建替えを円滑にするためにこの商品が開発されたなら官僚はさすがに優秀だなと思います)

金融機関のホームページではまだ大々的に告知をしておりませんが、深く探してみると商品説明書が掲載されております。代表的なところで、適用金利は店頭金利のまま(現在なら2.475%)、事務手数料11万円(別途担保調査費)なども必要です。

人生全体を俯瞰してみないと決めきれませんが、老後の生活を考えると、持ち家の方が有利になる(保険・積立代わりになる)。ただし、高額なローンを組まず、老後までには住宅ローンを完済するくらいがいい。

余談ですが、今回のノンリコース型であること、不動産価格が下落していくことなどを勘案すると、将来、リーマンショックが再現されるのかなと危惧してしまうのは考えすぎでしょうか。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. 南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
  3. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  4. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  5. 鎌ケ谷市南鎌ケ谷戸建て
    南西向き、南側のカースペースより陽射しを取り込める明るいお住まいです。リビングと和室を一体利用すると…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る