不動産業者の手口2件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
悪徳悪質な不動産営業

今週、目にした耳にした業界のお話しを2つご紹介します。

1)おとり広告

消費者庁では「不動産のおとり広告に関する表示」にて
次のような表示を不当表示として規定しています。

1)実際に存在しない物件
2)実在はするも契約できない物件
3)実在はし契約もできるが取引しない物件

今回、目にしたのは2と3の複合ケースです。

まず、売約済みの物件でしたが、
ここは処理に時差もあるため致し方ない面もあります。

問題なのは販売価格よりも安い金額で掲載していたことです。
販売価格とは売主が「この金額で売りたい」と意思表示した金額です。

その金額よりも安い金額で広告掲載した場合、
売主が値下げに応じてくれればよいが、
掲載された金額で売る気はないと言われてしまえば、
契約ができない物件となります。

当然、トラブルになるわけですが、
なぜ、不動産業者はこのような掲載をするかといえば、
安い金額にすればするほど、
購入希望者からの反響、問い合わせを得るためです。

問い合わせがあった際には、
告知物件(問題あり物件)、とか、タッチの差で売れてしまったとか、
なんやかんやと、諦めさせ、他の物件へ誘導し成約を得る手法です。

この手法は上記消費者庁規定3のタイプにも該当します。

売主、買主、他の不動産業者のすべてにとって、
被害を及ぼす、このルール違反の業者は悪質です。

余談ですが、この業者は自社の電話番号で市外局番を間違えるようなレベルです。
こんな会社に依頼してしまったら、消費者はどうなってしまうのでしょうか。

2)高額査定

複数の会社へ同時に不動産の査定を依頼するサイトが増えてきました。
大手仲介業者も、このサイトを経由した売却査定依頼を受けています。
(近年は一括査定サイトが主流とのこと)

不動産業者は、大手、フランチャイズ系、地場と分類されます。

一括査定で競合した場合、
地場は会社の特徴から自然と独自のポジションになりますが、
大手やフランチャイズ系は、会社、信頼度、イメージ、サービスと
会社間での差は小さく、どこかで差別化を図らなけばなりません。

そこで、一括で査定を依頼されたケース(最大6社)では、
競合他社との戦い(とりあえず委任を受ける)に勝つため、
明らかにこれは厳しいだろうという高額の査定値を提示し、
売主の自然な欲求である高値売却の誘惑します。

目にしたケースのイメージでは、
他社の平均値が2,000万円のところ2割超の2,500万円の提示。

売主は急ぐ特別な事情がなければ、
より高く売りたいですから、
高い金額を提示された会社へ依頼したくなります。

情報収集にたけた売主は、
「高値査定は罠」ということを見聞きしていますが、
それでも「もしかしたら売れるかも」という葛藤を
高値査定会社は揺さぶってきます。

レインズ(不動産業者専用データベース)で、
2,500万円で販売され、その後、
1~2週間で2,000万円に下がってくる物件があります。

このダンピングはなに?と思います。
おそらくは、高値査定での依頼獲得作戦なのでしょう。

この手法そのものは、
売却依頼後の販売活動で「囲い込み」をしなければ、
違反となるわけではありませんが、
自社の利益を得るために、
手段は問わないという姿勢の会社へ依頼してしまったら、
売主はどうなってしまうのでしょうか。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  2. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  3. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  4. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  5. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る