おふろcafé bivouac(ビバーク)│熊谷市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
おふろcafé bivouac(ビバーク)│熊谷市

グランピングとは「グラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称です。(一般社団法人日本グランピング協会)」

「おふろcafé bivouac(ビバーク)https://ofurocafe-bivouac.com/ 」は流行り?のグランピングと温浴施設を掛け合わせた施設です。熊谷市の国道17号線本線とバイパスが交差する深谷側の合流地点に所在しております。

お風呂に期待しすぎると難しいかもしれませんが、施設に心地よく滞在することを主にしていくといいかもしれません。カップル、ファミリー、友人同士など、一日をゆっくりと過ごせ、また、宿泊も可能です。

■入浴施設

まず、温泉ではございません。露天風呂は「硫黄の湯」、内湯には高濃度炭酸泉に温泉成分を掛け合わせた「湯治風呂」、イベント風呂、小さい子供向け風呂、アトラクション風呂、ぬるめの湯、水風呂、サウナと揃います。滞在スペースが今風だったため、入浴施設との年代のギャップが少々感じられました。

この施設のメイン(個人的に)は、湯治風呂です。泡立ちはいまいちですが、泡は浸透していない余剰の炭酸のため効果には関係ないと聞いております。配合された温泉成分を感じることはできませんでした。ただ、お風呂から上がったあとの保温効果は高く、効能は強いのかと思います。

■滞在施設

温浴施設ですが、お風呂以外の面がここのメインです。

施設内にテントやハンモック、暖炉などを備え、毛布に包まりながらゆっくりと休むことができます。漫画、雑誌の他に、じっくりと読める書籍、お洒落なカードゲームなどもあって、文化的な時間を費やすことができます。テーブルも用意されており、お友達同士で勉強している姿も見受けられました。

1階の中央部には「ボルダリング」、2階にはフィットネスエリア、キッズパークなどもあって、健康的に体を動かすこともできます。

レストランは、2階にメイン食堂、1階にカフェタイプがございます。ホームページにはお洒落なメニューが中心に紹介されておりますが、庶民的なメニューもございます(ホッとしました)。

さらにお得なサービス(相当数利用しました)として、1階の暖炉コーナーではコーヒーが無料、脱衣室では電動マッサージチェアが無料で利用できます。また、お得なパッケージプランもございます。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  2. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  3. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  4. 鎌ケ谷市南鎌ケ谷戸建て
    南西向き、南側のカースペースより陽射しを取り込める明るいお住まいです。リビングと和室を一体利用すると…
  5. 南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る