宝川温泉 汪泉閣(宝川山荘)│利根郡みなかみ町

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
宝川温泉 汪泉閣(宝川山荘)

川沿いに並ぶ広い露天風呂で有名な「宝川温泉 汪泉閣(https://www.takaragawa.com/)」。その広さと自然と一体となった露天風呂はメディアでも多く取り上げられ、そのロケーションと「湯浴み着」で入れることから外国の方も多くいらっしゃいます。

日帰り入浴(立ち寄り湯)専用の施設として「宝川山荘」があります。訪れた時間帯が遅かったため(9~17時までの営業)、食堂は終わっていましたが、大広間で川魚や山菜などの自然素材を楽しむことができます。

日帰り入浴と宿泊では施設が違うため、木造の趣がある建物を見学することはできませんが、温泉は同じ露天風呂に入ることはできます。

■温泉

この宿の特徴である売りは、宝川沿いに並ぶ大きな露天風呂です。露天風呂は一番広い「摩訶の湯」、並びにある浅い「般若の湯」、川の反対側にある「子宝の湯」、女性専用の「摩耶の湯」の4つがあります。摩耶の湯以外は混浴で、湯浴み着を着用して入ります。

宝川山荘に入ると靴を脱いでサンダルに履き替えて、川沿いの道を河原へ降りていくと、メインの「摩訶の湯」が迎えてくれます。湯浴み着には、各露天風呂の脇にある着替え所(男女別)で着用します。

勝手がわからず、通り過ぎてしまいましたが、ここの露天風呂どうしは湯浴み着にて移動するため、一番近い「摩訶の湯」の脇にある着替え所を利用すると便利です。

露天風呂の泉質はどれも同じだと思います。透明の単純泉で、源泉かけ流し。時期にもよるのかもしれませんが、山深く立ち入った河原沿いにあるため湯温は低く、露天風呂が広いため入る場所によって温度差があります。湯が注がれる場所が温かくて心地よかった。

個人的にはこの着用がぴちゃぴちゃ身体にまとわりついて、しっくりきませんでした。混浴でなくていいので、素のまま入りたかった。

泉質にこだわる方には物足りなさを感じるかもしれません。大きな岩を使った露天風呂で、山の静かな緑、川のせせらぎで癒されながらのんびりと浸かる方にお勧めです。

四季を通じて味わい深い温泉だと思いますが、夏に涼を愉しむのが一番良いのではないかと思います。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
  2. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  3. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  4. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  5. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る