令和2年地価公示と市場崩壊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
不動産市場が崩壊する前に

3月18日に国土交通省が公示地価を発表しました。

国土交通省の公式見解は次の通りです。

全用途平均は5年連続、住宅地は3年連続、商業地は5年連続で上昇し、
いずれも上昇基調を強めている。

三大都市圏は全用途平均・住宅地・商業地
いずれも各圏域で上昇が継続している。

住宅地の地価上昇の背景は、雇用・所得環境の改善が続く中、
低金利環境の継続や住宅取得支援施策等による需要の下支え効果もあり、
交通利便性や住環境の優れた地域を中心に需要が堅調。

また、地価公示について気になるニュースをピックアップしました。

自然災害リスクへの警戒高まる
川沿いの住宅地、公示地価で下落顕著
https://www.sankeibiz.jp/business/news/200318/bsd2003181827013-n1.htm

「災害リスクへの意識が不動産市場では総じて高まっている」

公示地価5年連続上昇 20年、台風被災地には爪痕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56883180X10C20A3MM8000/

地価公示は、1月1日時点での地価になるため、
今回の新型コロナウイルス感染問題の影響は反映されておりません。

消費税増税後、
昨年第三四半期の経済成長率は大幅に悪化しました。

さらに、今回の新型コロナウイルス感染問題があり、
リーマンショック、バブル崩壊以上に、
景気は低迷し、不動産価格も大きく下落すると推測されています。
(東京五輪の延期や中止は織り込むとさらに悪化)

日本では新型コロナウイルス感染問題も
なんとか持ちこたえていると言われていますが、
全世界が惨憺たる状況ですので、
日本経済にも悪影響が大きく及ぼされることでしょう。

その結果、リストラや減収などで、
家賃の支払いや住宅ローンの返済に窮する人も増えてきます。

不動産を所有している方に受難な時代が到来してしまいました。

動かず、じっとしているという手もあります。
もしくは、タイミングを見てうまく動くという手もあります。

生活や状況に合わせて、対応方法も変わりますが、
いずれにしても早めに検討しておくことをお勧めします。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 松ケ崎海尻町売地
    地下鉄「松ケ崎駅」より徒歩3分の住宅地にて土地が売りだされました。南側は現況駐車場のため、陽当たり・…
  2. 松戸市稔台戸建て
    南東8mと南西4m道路の角地に接し、道路から高台となる敷地のため陽当たり、風通し、見晴らしが良く、開…
  3. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  4. 南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
  5. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る