立地がいいということはこんなに凄いのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
立地がいいということはこんなに凄いのか

新型コロナウイルス感染問題は、
毎日、毎週のように深刻となっております。

1月頃、総合病院の副院長である医師の売主さんに、
武漢の封鎖が効いてきたら落ち着いて、
3月頃には平常に戻っているのではと、
釈迦に説法をしてしまったところ、
その際、その売主さんは、どうかな、と懐疑的な見解を示していました。

まさに、その懸念通り、
発生当初と比べて、さらに状況は悪化し、
日々の生活が脅かされるほどとなってきました。

このような状況であるから、
新しく不動産を購入する方の動き出しは鈍いですが、
それでも、先の売主さんの物件や、
他のお客様の物件に、申し込みや見学が入っております。

購入側から見れば、
100年に一度(どなたが言ったか忘却)の世界的な危機では、
これ以上にない購入のチャンスであることから、
ごくごく少数ですが動いている方もいるようです。

ただし、売主側から見れば、
これ以上にないピンチですから、
欲張るのは長期的に見ても論外ですが、
通常時と同じような売却条件に近いものではなない限り、
また、どうしても今売らなければならない事情がない限り、
売るのは、この夏まで、年内は、来年まで、
いつまでかは不明ですが、
社会が動き出すまで(外出自粛が解けるまで)、
売るのは見送った方が賢明だと思います。

今回の状況を見ながら思い出したのが、
バブル崩壊、リーマンショック時に、
不安定な売買よりも賃貸を中心に取り扱った方が、
商売は安定するよ、という話(実感)があったことです。

まさに今回も同じような状況になっております。
そのような中、(少し大きめな)賃貸管理の話しが昨日ありました。

売買専業で事業を行っていたため、
賃貸については気後れするのですが、
どうしても断れないようなしがらみがあるため、
お話しはお伺いしました。

その物件は、とても立地がいいため、
空きが出ても、このような状況にもかかわらず、
申し込みが殺到しているそうで、
さらに「賃料の増額競争」も発生したそうです。

この話しを聞いたとき、
やはり「立地」がなによりも大事なんだと思いました。

不動産を買うとき、
このような非常時だけではなく、
20年、30年という長期的な視点でも、
立地がいいところを選ぶべきです。

新築から中古にしても、
狭くしても、
ハイスペック建物でなくても、
同じ予算なら立地を選ぶべきです。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  3. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
  4. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  5. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る