山中温泉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
山中温泉

山代、片山津などと併せ加賀温泉郷を形成している。 身体の芯までしみわたり、身も心もうるおすと 芭蕉が称賛した日本三大名湯のひとつ(他は有馬と草津)。

山中温泉は、同温泉郷のなかでも、いちばん山の中に位置する。 これが名前の由来かは不明。近くの山代温泉が平野の中心で 周辺がひろびろとしていのに対し、山間の渓谷沿いにある 温泉地らしい温泉地。 駅名は加賀温泉だが、加賀温泉という温泉街はない(と思う)。

温泉街の中心部に、総湯という共同浴場があるのは、 温泉街の基本。 男湯と女湯は建物が分かれており、女湯は見事な蒔絵の格天井で 有名な山中座に併設されている。

男湯は、山中温泉の元湯となる菊の湯で、重厚な天平風の建物と 腰まである深い浴槽が特徴。 歴史ある温泉の共同浴場は、脱衣所がない(に近い)ものが多いが、 ここは、ひろくてきれいな脱衣所がある。 しかも、歴史を感じる味わいは損なっていない。

お湯はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉で、源泉であるため熱い。 男湯の前に飲用の温泉があるが、やけどしそうで とてもじゃないが飲めない。

共同浴場の特徴通りシンプルだが、温泉地に来たという満足度は高い。 温泉街の中心にある総湯から山間を奥に進むと、 温泉街の風情と上品さを兼ね備えた雰囲気を醸し出す商店街があり、 さらに奥には緑に包まれた渓谷美がある。

人それぞれの好みは分かれると思うが、開放的な温泉地よりも、 山間の渓谷沿いにある方が温泉らしいと思ってしまう。

石川県加賀市山中温泉西桂木町

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る