担当者を真剣にさせる「住まい探しシート」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

担当者を真剣にさせる「住まい探しシート」(07.12.01)

メモを作ったら、自己の住まい探しシート作成に挑戦してください。

家族全員の生まれてからの住宅履歴(住んでいた場所や住まい)から始まって、通勤・通学先、実家、出身、家族などの状況。年収、勤続歴、自己資金、資産などの資金計画。生活習慣や求める環境イメージ、教育や老後に対しての考えなどの生活スタイル。

しかし、ここまで手間を掛けるのが大変であれば、手軽な方法もあります。

不動産会社に問い合わせをすると、不動産の概略をまとめた資料(通称:販売図面)が送られてきます。

そこに、自分たちにとってのいい点、悪い点をチェックしておきます。

さらに、なぜ自分たちにとっていいのか、悪いのかを一言メモしておくとより効果的です。

その内容を見て、担当者はどういう住まいを求めているのか、どこに問題があるのかなどを探ることができます。

ここで一つ一つに対して親切に対応してくれたら、自分たちのことを考えてくれている担当者だと考えていいでしょう。

その後、改めて紹介・提案された内容に希望との相違が生じたら、改めて対話をしてみるのも一つの手です。

担当者に電話・メールなどでも構いません。思ったままに伝えてみましょう。その際に、担当者からの助言を求めると、次回以降の住まい探しもスムーズになります。

[cc id=42 title=”下部バナー”]

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る