住まいの希望や疑問を上手に伝えるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

住まいの希望や疑問を上手に伝えるには(07.11.29)

しっかりと対話をしてくれる担当者が見つかったとしても、それで安心してはいけません。

自分の希望や疑問・不安を伝えるのは購入希望者自身の責任です。

対話の際に焦点のぼやけた散漫な話をする人がいますが、それでは何を希望しどこに不安があるのか伝わりにくく、担当者としても困ってしまいます。

相談する前に、なぜ購入したいか、いつごろ購入したいか、どこで暮らしたいか、何が不安かなど、できるだけ具体的に話せるように頭の中を整理しておくのです。

そこでお勧めしたいのが、相談前に手製のメモを書いておくということです。

メモの中身は箇条書きで思いついたことの羅列で構いません。

担当者としても、単に不動産を買いたいんだと訴えられるだけでは、買える不動産を紹介するだけになってしまいます。

購入希望者が自分の考えや状況について事前に要点を整理しておけば、もっと踏み込んだ提案ができます。

さらに「実は購入した後の家計が心配です」というような不安などを付け加えれば、担当者も助かります。

適切な提案を受けるために必要なのは、購入希望者自身が「自分の状況を分かってもらえるために、どのように表現するか自ら工夫する」という能動的な姿勢なのです。

[cc id=42 title=”下部バナー”]

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る