地域の個性、街づくりを見て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

地域の個性、街づくりを見て(06.05.02)

流山市では“緑”を生かした 街づくりを推進しており、これに呼応して市民も活動を活発に展開している。 これは今後の開発計画が目白押しのTX沿線で、流山市が埋没しないように着目したもの。

行政側として、流山市は4月から住宅や商業施設の植栽など緑化状況を 市が定めた基準により評価する「グリーンチェーン認定」制度を始めた。 認定を受けた事業には、融資金利の優遇なども検討。 「都心から一番近い森の街」をアピールする。

市民側では、ガーデニングの本場英国に倣い、自宅の庭を一般に公開する「オープンガーデン」を首都圏で初めて組織的に行っている。
  ↓
「ながれやまガーデニングクラブ花恋人(カレント)」市内42軒の庭を事前予約で公開。今月14日~16日の3日間を全庭統一公開日として広く受け入れる。

 ≪日本経済新聞、千葉経済欄を参照しております≫

この流山市のように、地域ごとに特色ある街づくりをしていこうという動きは、 目立たなくてもあると思います。(例:教育についての市川市や浦安市、船橋市など)

購入する不動産ばかりに集中しすぎることなく、周辺環境や地域行政の取り組みなども、 住まいを探していくうえで、とても重要なことになります。

地域から隔離された不動産はなく、かならず地域との絡みがあるのですから。 暮らしたい街、地域を先に見ていくのも良いかもしれませんね。

[cc id=42 title=”下部バナー”]

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る