半円の見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

二宮尊徳(金次郎)さんは、ひとつの円は、必ず裏と表がある。 世の中のことは、見える面半分と見えない面半分があって、 それが一体となり円となっていると言っています。 (正確な言葉ではないと思いますが、そういうようなことを)

不動産、物件にも、必ず、良い面もあり悪い面もある。 良い面も反対側から見れば、悪い面もあります。

一般の方は、良い面も悪い面も一方からしか見えないことが普通です。 良い面の裏側に隠れている悪い面、もしくは、悪い面に隠れている 良い面を見れるのは、プロの不動産担当者です。

このことを考えれば、住まいを探している人は、プロである不動産担当者へ どういうことを期待すればいいか分かります。 一つの面に隠れている裏側を知らせてもらう、アドバイスや助言をもらうことです。

誰が見ても分かる「駅から近いですよ」などということしか話せないのでは、 プロとしてのレベルに疑問符が付きます。プロとしての見方をできる人を 住まい探しのアドバイザーとしてつけたいものです。 (見方が出来ても助言しない、できない人でもダメですけど)

[cc id=42 title=”下部バナー”]

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る