木を見て森を見ず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

木を見て森を見ず(06.06.20)

本日の日本経済新聞のスポーツ欄に、 ジーコジャパン(サッカー日本代表)の分析記事が掲載されており、 その中の言葉にこういうことが書いてありました。

「ひとつの課題を与えられると、しっかり守るが、そのことばかりにとらわれてしまう。日本人のマイナスの面をこのチームは依然として抱えている」
引用元:日本経済新聞

この記事を読んで、思わずその通りと妙に感心してしまいました。 サッカー日本代表のことではないですよ。 日本人は、ひとつの課題を与えられると、 それに囚われすぎるという民族性の部分が、 住まい探しをされている方にも共通していると思ったからです。

お会いした方の全員がということではないですが、 感覚的に半数の人は、誰から聞いたのか、 ひとつのことに“こうあるべき”というこだわりというか 先入観みたいなものを持っています。

確かに、そのこと自体は、間違ってはいません。 聞いていて、否定するものではないのですが、住まい探しをするにあたって、 それに囚われすぎるのはどうかなと疑問に思います。

住まい・不動産を決める要素はたくさんあります。 その中のたったひとつのことにあまりにも囚われすぎると失敗します。 大きな目で、総合的に見て、判断しましょう。

木を見て森を見ずということがないように。

[cc id=42 title=”下部バナー”]

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る