今、マンションを売ったらいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今、マンションを売ったらいくら?(09.11.22)

利便性が高い都心では、中古マンションが売れているという。新築マンションを建てられる敷地が減少し、かつ、建て替えも進まないことから、マンションそのものの供給が減少し、中古マンションに流れているもの。

また、リノベーションマンションも一般的になり、古いマンションを改装することの良さに気づいたこともある。実際に、減価償却も進み、残存価値近くなったマンションを安く買い、自分たちの気に入るように改装して暮らすのが増えているのは、築30年超のマンションが取引件数が増加していることでも分かる。

最近、団地ブームといって哀愁ある雰囲気がもてはやされ、ゆとりある空間と緑多い環境が受け入れられるのと同時に、ゆとりある敷地が後の建て替えで有利になることから投資的な要素で購入する人も増加している。

中古マンションの場合、取引価格の目安は、近隣や当該マンションでの取引事例(相場)を基にされる。しかし、マンションごとの特徴など細かい部分の違いから、基本的な条件(交通、広さ)が同じでも、価格に差が出ることが多い。

さらに、中古マンションの売り主は、専門家ではない一般の方になるため、どうしても気持ちの部分が反映されてしまう。※強気弱気のいづれかは別として。そこで、感情を抜きに自宅のマンションが、どの程度の評価になるかを知る目安が、不動産調査の東京カンテイが算出する「マンション価格インデックス」です。

「マンション価格インデックス」は、新築分譲時の価格を100として現在の価格水準を指数化したもの。使い方は、新築時の価格×当該建築年の指数=想定価格という簡単な計算。例:千葉県の2000年築の指数70.7、新築価格3,000万円×70.7=2,121万円。

面積や駅からの距離ごとの指数も出ているので、首都圏全体と地域の指数割合などを加えて修正すると、より相場に近い想定価格が出る。もし、ご興味があったら、一度、ご自宅の想定価格を算出してみてはいかがですか。なお、1990~94年(バブル期)に新築を買われた方は、ショックが大きいかもしれませんので、ご注意ください。

[cc id=1120 title=”下部売却バナー”]

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. 松戸市稔台戸建て
    南東8mと南西4m道路の角地に接し、道路から高台となる敷地のため陽当たり、風通し、見晴らしが良く、開…
  3. 印西市美瀬戸建て
    明るい角地の戸建て住宅~旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)施工~地震や火災に強く、基本躯体60年超の耐…
  4. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  5. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る