共有

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

共有(07.05.12)

被相続人が亡くなり、相続が発生するとその瞬間に 遺産は法定相続分で所有権が移転し、遺産分割未了共有となります。

その後、遺言があり、遺留分を侵害していなければ確定し、 遺言がなければ、相続人による協議が必要です。 この協議で全員が合意に至れば、どのような分け方をしても有効になります。

遺産分割未了共有の状態でも、法定相続分であれば共有での登記が可能であり、 この登記は相続人が単独でも行えます。この登記が入ってしまうと、 遺言があっても、登記をするには手続きが必要になります。

不動産を取引する場合、登記簿の確認をしますが、 登記原因が“相続”になっている場合は、 未了共有なのか民法上の共有なのかは判別できないので、 登記申請書で確認する必要があります。 もし、未了共有なら遺言や遺産分割協議で違う登記内容になってしまうことがあります。

相続での民法上の共有は、遺産分割協議などの確定した共有であり、 分割請求や強制換価分割ができるようになります。

もし、不動産を共有で相続する場合、親子や夫婦ならまだしも、 兄弟姉妹での共有は避ける方が懸命です。 不動産を共有すると全体に所有権が及んでしまい、 いざ売却しようとしても全ての共有者から合意を得なければなりません。 親子や夫婦なら合意しやすいですが、兄弟姉妹になると価格面で強気と弱気が交差したりなど、 なかなかまとまらないというようなことがよく起こります。

そして、この兄弟姉妹の共有が続くうちに、この誰かが亡くなり、 さらに相続が発生すると、相続人が新しい共有者になり、共有者の数が増えてしまいます。 叔父、叔母と甥、姪などの関係になると、さらに合意が難しくなり、 不動産が塩漬けということになってしまう恐れがあります。

[cc id=1120 title=”下部売却バナー”]

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 白井市七次台土地戸建て
    南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、南西側は道路が伸びて、広々とした空間は開放感をもたらしま…
  2. 全室南向きで陽射しを取り込めるお住まい、全室6帖超のゆとりを持たせた4LDKはお子様が多いご家族にお…
  3. 全室南向き、2階の広々としたリビングダイニング、ワイドバルコニーなど、明るい陽射しを取り込めるお住ま…
  4. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  5. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る