住宅ローン破綻の現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

住宅ローン破綻の現状(05.07.02)

ファイナンシャルプランナー(FP)の協会に登録していると 毎月FP向けの情報誌が送られてきます。 昨日届いた7月号の中に、「住宅ローンの破綻」について、 ファイナンシャルプランナーである久野竜也氏による 分析と検証・対策をご紹介したコラムがございましたので、 ご紹介したいと思います。

[概要]

・破綻するのは売却代金が住宅ローンの残高を下回るから。 「借金も財産のうち」「困ったら売ればいい」という感覚が破綻を招く。

・土地と建物のバランスで建物比重が大きい新築住宅の場合、 20年償却で計算すると建物下落額が大きく、 想定売却額が住宅ローン残高を下回る期間が長くなり、何かの時のリスクが残る。

・今後の社会情勢を考慮すると、新築から中古にしてでも、 利便性や環境を重視し、売却想定額が住宅ローン残高を上回るようにする。

・最後に、一般的な住宅取得計画は、 軽装のままエベレストに登ろうとするような甘い計画が多い。
最後の言葉は秀逸ですね。たまには、重装備過ぎるくらいの人もいますが、 多くは、自分達の体力(資金力)と装備(事前準備と検討)よりも高い山を目指しています。

自分達に合った山を選ぶか、どうしても登りたい山があるなら、それなりの準備をするか。 探す前にじっくりと、どの山にするか、検討してからでも遅くはないですよ。

[cc id=42 title=”下部バナー”]

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る