代襲相続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
相続人

代襲相続とは、被相続人の死亡以前に、 相続人となるべき子供や兄弟姉妹が死亡したり、 相続欠格や相続廃除になって相続権を失った場合に、 その者の子供が代襲して相続人になることです。

ただし、自ら相続放棄をした相続人の子は代襲相続できない。

また、第三順位の兄弟姉妹の子は、一代(甥・姪)しか代襲相続はできない。

代襲相続人が未成年の場合で、親も相続人の場合は利益相反行為に なってしまうため、家庭裁判所で特別代理人を選定してもらう。

代襲相続人はその相続人の地位を引き継ぐことになるため、相続順位も同じ順位となります。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る