養子縁組

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
養子

養子とは、養親と法的に親子関係を結んだ者をいい、養子縁組届けが受けられた日から、 養親の嫡出子※となり、相続権も含め、実子と同じ状態・権利を取得する。

◆ 養子縁組の条件

 養親側
・ 成年に達していること
・ 後見人が被後見人を養子にする場合は、家庭裁判所の許可があること
・ 配偶者のある者が未成年者を養子にするには、配偶者とともにすること
・ 配偶者のある者が養子をとるには、配偶者の同意を得なければならない

 養子側
・ 養子は、養親の尊属や養親より年長者でないこと
・ 配偶者のある者が養子となるには、配偶者の同意を得なければならない

養子縁組届けには証人二人が必要だが、受理する行政側が実質的な内容に 踏み込むことなく、上記の条件が満たされているかなどの形式的な審査をするのみ。 このため、一人暮らしの高齢者の相続人になるため、 悪意を持って養子手続きをする不届き者がいるため、注意が必要。

再婚相手の連れ子には新しい親からの相続権はないが、 養子縁組をすることにより実子とみなされ相続権が発生する。

◆ 養子縁組の解消

養子縁組をした養親・養子が死亡しても親子関係が自然と解消されるわけではない。 養子縁組を解消したい場合は、協議離縁と裁判離縁がある。

◆ 養子縁組の効果

・ 実子と同等の相続権を持つ
・ 普通養子は実親と養親の双方から相続を受けることができる。(特別養子は要確認)
・ 相続税の基礎控除が増える
・ 相続税の計算上の税率が下がる
・ 生命保険金や死亡退職金の非課税限度額が増える

※ 嫡出子とは、結婚している夫婦から生まれた子供。
※ 非嫡出子とは、結婚していない夫婦からうまれた子供であり、母は実際に産んでいるので認知不要だが、父は認知することにより確定する。
※ 認知は、任意認知と強制認知がある。任意認知は父親が認知届を出して行う認知。強制認知とは、父親が任意認知をしない場合に、子供が認知を求める訴えを提起して行う認知。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  3. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  4. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
  5. 松戸市稔台戸建て
    南東8mと南西4m道路の角地に接し、道路から高台となる敷地のため陽当たり、風通し、見晴らしが良く、開…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る