借地借家法の基礎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

弊社は売買専門店ですが、不動産投資案件の売買に携わることもありますので、借地借家法の基礎的な部分を復習しました。

(趣旨)第一条  この法律は、建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃借権の存続期間、効力等並びに建物の賃貸借の契約の更新、効力等に関し特別の定めをするとともに、借地条件の変更等の裁判手続に関し必要な事項を定めるものとする。

平成3年に旧法を統合するような形で成立し施行されております。

借地は建物所有を目的とする土地の賃借であり、駐車場などの土地のみの賃借は該当しません。建物は借家(居住用)に限らず事業用なども含まれます。なお、使用貸借(無料使用など)は対象になりません。

借地に関して、賃借権の登記ができますが、地主側が応じてくれないことが多く、登記がされることは稀です。その代わり、建物の登記があれば第三者(土地の購入者など)に対抗できるとされます。

借地権の存続期間は最短30年と定められています。その期間よりも短い期間とした場合は30年となり、長い期間にした場合は定めた期間になります。(更新後は、20年、10年と短縮)

借家に関して、登記がなくとも、建物の引渡しを受けていれば、建物を購入した人にも対抗できます。

借家権に関しては、更新拒絶に関しての取り決めを細かく定めております。(いわゆる居住権、以下抜粋)

期間の定めがある建物賃貸借をする場合、公正証書等の書面によって契約をすれば、その存続期間を1年未満とすることもでき、契約の更新をしない旨の特約を定めることもできます。賃貸人は賃借人に対して書面を交付し、賃貸借契約は更新されず、期間の満了により終了する旨をあらかじめ説明しなければなりません。

建物賃貸借に存続期間の定めがある場合、賃貸人または賃借人のどちらかが、期間満了の1年前から6ヶ月前までに、相手方に対して更新拒絶の通知をしなければ、その借家契約は、前の借家契約と同じ条件で更新したものとみなされます。賃貸人から更新拒絶の通知をする場合は、正当事由が必要です。

賃借人は、賃貸人の同意を得て付加した造作物を、契約終了時に、賃貸人に対して時価で買い取るよう請求することができます(造作買取請求権)。なお、造作買取請求権を認めない旨の特約は有効です。

偏見的な面もあるかもしれませんが、賃貸借契約の場合、取り決めが曖昧だったり、説明がなされないケースもございますので、少なくとも契約書類はきちんと確認しておくことが必要です。

柴田 誠

柴田 誠代表取締役

投稿者プロフィール

子ども二人の教育費に頭を抱えながら、小さな不動産会社を経営しております。千葉県の高校野球をこよなく愛する元高校球児。小さなお出かけ、温泉、街めぐりを好むも時間とお金に余裕がなく最近は控えめです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ物件

  1. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  2. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
  3. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  4. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  5. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る