カテゴリー:柏市

  • あかね町

    あかね町

    昭和42年、戸張と名戸ヶ谷の一部が改称され誕生。JR常磐線・柏駅から徒歩15分を越え25分程度の距離まで、柏駅徒歩圏の住宅地として拡がる。
  • 東中新宿

    東中新宿

    昭和48年、中新宿・光ヶ丘の一部から誕生し、昭和49年より現在の姿となる。JR常磐線・南柏駅よりバス便利用か、もしくは、東武野田線・新柏駅へ徒歩15~20分程度で行くことが可能な地域もあり。
  • 東柏

    東柏

    JR常磐線・柏駅から徒歩20分から25分程度の距離で、自転車やバス利用と併用する住宅地。高台平坦部から平野部へと移る狭間で、エリア内で傾斜地、高低差などがあることも。道も狭く、整然とした街並みではないが、落ち着いた住宅地。
  • ひばりが丘

    ひばりが丘

    昭和42年、豊四季の一部から誕生。JR常磐線・柏駅東口徒歩圏の住宅地にはなるが、徒歩20~25分程度かかる。同エリアの大部分を社宅などで占めるので、住宅地は少ない。平坦で落ち着いた住宅地。
  • 花野井

    花野井

    畑や山林と住宅地が混在する地域。中心に走る県道(バス通り)を頂点として、南側と北側の両方向へ緩やかに下っている。地域内に起伏があり、高低差や坂道があることも多い。高台の平坦地では地盤が良いことも多いが、傾斜地や低地部では悪いことも。
  • 八幡町

    八幡町

    柏駅東口から徒歩20分~25分程度のエリア。奥まった住宅地となるため、バス便はない。国道16号線に近くなるが、高台に立地しているので影響は少ない。静かな住宅地だが、全体的に道は狭く入り組んでおり、坂や傾斜地もある
  • 布施新町

    布施新町

    昭和51年、宅地造成に伴い布施の一部から誕生。JR常磐線・我孫子駅もしくは柏駅からバス便を利用する郊外の住宅地で落ち着いた住環境。地域内にスーパーなどはあるが、少し寂しさがあるのも否定できない。
  • 布施

    布施

    富勢とも書く。昔、旅人の施設である布施屋が置かれていたことによる。平安期、布施郷。江戸期より布施村、明治より富勢村となり、その後、柏市に編入。JR常磐線・北柏駅北部に位置し、農地や山林などが多い古くからの広い地域。
  • 藤心

    藤心

    鎌倉期、藤意郷、江戸期に藤心村。明治に藤心となり柏市に編入。東武野田線・逆井駅東側の広い地域。ほとんどが徒歩10~15分圏内に入る。駅から離れた小学校のある区域は市街化調整区域で田んぼや山林が多く、住宅地としては不適な区域。
  • 藤ヶ谷

    藤ヶ谷

    南北朝期の藤谷村、江戸期に藤ヶ谷村。明治に風早村に編入され、沼南村、柏市。旧沼南町の白井市境に位置し、中央部を南北に国道16号線が走る。南西方向には、海上自衛隊下総航空基地がある。地域は田畑や山林が多い近郊農業地域だが、自衛隊周辺部に住宅地がある。

ピックアップ物件

  1. 印西市美瀬戸建て
    明るい角地の戸建て住宅~旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)施工~地震や火災に強く、基本躯体60年超の耐…
  2. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  3. 柏市光ヶ丘売地
    南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
  4. 松戸市稔台戸建て
    南東8mと南西4m道路の角地に接し、道路から高台となる敷地のため陽当たり、風通し、見晴らしが良く、開…
  5. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る