カテゴリー:コラム

  • 老後の住まいの賃貸費用

    老後の住まいは持ち家がいい

    現役世代も賃貸、老後の住まいも賃貸という場合、老後が始まるまでの貯蓄において、「老後の住まいの賃貸費用」も加えて蓄えなければなりません。家賃負担に加えて、老後資金も貯めないといけないなると、よほどの高収入か、ストイックな倹約か、かなりの幸運に恵まれる必要があります。
  • 高速道路

    建物状況調査はドライブレコーダー

    万が一、このような人と関わってしまったことに備え、抗弁できるようにしておくためにも、建物状況調査を実施して、できれば既存住宅瑕疵保険にも加入して、リスク対策の実施をお勧めします。
  • 老朽マンション建替え

    おっぱいマンション改修争議

    郊外の住宅地(駅からバス)であり、マンションの規模などから、建替えへ進む確率はかなり低いと思います。ただただ、今、話題となっている「廃墟マンション」にならないように願っております。
  • 渋滞

    帰省に思う実家の処分

    典型的な悪循環におかれた私の実家は、割りとスムーズに売却できましたが、これは「市場動向と価格戦略」というプロならではの対応ができたためです。
  • 老後不安

    今の生活不安と老後の生活不安の対抗策

    住宅ローンの借り入れ額は低くして、早く完済して、老後に暮らす家を準備しておき、いざという時に売却して、老後資金の足しにするということを、現役時代から蓄えのひとつとして行うこと
  • 立地

    立地の構成要素

    災害被害にあってしまうと、資産価値としても家計としても致命的な打撃を受けることがあり、長期的な博打をしているようなものかもしれません。
  • 売家

    不動産市場低迷の要因

    住宅ローンが借りれなければ、当然、不動産を購入できない(売却できない)こととなり、市場が低迷します。
  • 老後資金

    老後資金は2,000万円で足りるのか

    報告書を基に考えれば、共働き世帯で、退職金を2,000万円超をもらい、亡くなるまで暮らせる住居を持っていること、(もちろん住宅ローンなし)これが、老後を不安なく暮らせる前提条件となる。
  • 不動産営業

    いい担当者の選び方

    ・資格(宅建)を持っている・時間を守る・返事が早い・様々な情報に強い・知識を持っている・分析力がある(メリット、デメリット)・家を買った(売った)経験がある・一つの会社に定着している(転勤や退職で逃げない)
  • 住み替え

    売って買ってのお住み替えの肝

    売りが先か、買いが先かは、お住み替えされる方の状況などにより変わりますので、プロに一度ご相談ください。一般の方(または買い手側の業者)は、売却価格を期待値で高くする傾向がありますので要注意

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。建築条件ございませんので、お好きなハウスメーカーにて建築…
  2. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  3. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  4. 全室南向き、2階の広々としたリビングダイニング、ワイドバルコニーなど、明るい陽射しを取り込めるお住ま…
  5. 都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る