カテゴリー:不動産業界

  • 悪徳悪質な不動産営業

    不動産業者の手口2件

    自社の利益を得るために、手段は問わないという姿勢の会社へ依頼してしまったら、売主はどうなってしまうのでしょうか。売主、買主、他の不動産業者のすべてにとって、被害を及ぼす、このルール違反の業者は悪質です。こんな会社に依頼してしまったら、消費者はどうなってしまうのでしょうか。
  • 営業トークに負けない

    営業トークに負けない

    「お客様のため」と言いつつ、「自社が有利(売りたい商品)になる営業」をするのは自然なことで、「営業マンのトークを鵜呑みにしてはいけない」ということです。
  • 不動産営業

    いい担当者の選び方

    ・資格(宅建)を持っている・時間を守る・返事が早い・様々な情報に強い・知識を持っている・分析力がある(メリット、デメリット)・家を買った(売った)経験がある・一つの会社に定着している(転勤や退職で逃げない)
  • 不動産営業

    売却チャンスを逃さない依頼の仕方

    一般媒介で、複数の業者へ依頼することにより、業者は「うちを通してほしい」という欲望から、売却するためのベストを尽くすようになります。
  • 弊社が依頼を多く受ける要因を自己分析しました

    最近、前触れもなく、表彰されることが続きました。 1)三菱UFJ銀行より住宅ローン取り扱い表彰 昨年、三菱UFJ銀行への住宅ローン紹介件数が多かったとのことで、 お偉い方と担当課長が、わざわざ、こんな小さな…
  • 人は大きな組織に入ってしまうと

    弊社では、10年以上に渡り、販売された物件を、 データベースに登録し、資料をハードディスクに保存しております。 物件の対象は、柏市、松戸市、流山市の売地、中古戸建て、中古マンションと 我孫子市、鎌ヶ谷市など近隣…
  • 既存住宅状況調査について

    現在、大手仲介業者が売主側を担当する案件に取り組んでおります。 (弊社が買主側の依頼を受けた宅建業者となります) 本年4月より「既存住宅状況調査」の取り組みを 打ち合わせすることが義務付けられました。 調…
  • サブリースはリスクゼロ?

    とっても重要で、よくある事例で、分野を問わず共通するものの、思ったよりも浸透していない、知られていない、しかし、知っておきたい、本質を押さえておきたい、最近露呈した不動産がらみの問題をご紹介します。 (事件の概要)…
  • これから不動産売買をする方に必読の漫画が出ました

    不動産の売買を近々お考えの方、もしくは、すでに動き出している方に、必読のコミックが出ました。経済紙や新聞、雑誌などで紹介され、徐々に部数が伸びているそうです。家を売る女に続き、ドラマ化されそうな内容、展開になっています。…
  • 大手、有名、名門という看板は当てにならない

    ラグビーファンには悲しいニュースとなった神戸製鋼所の性能データ改ざん事件。先日は、日産自動車で無資格者の検査と検査書類の偽造事件がございました。不動産建設業界でも、もう過去のものとなってしまった横浜のマンション傾斜事件が…

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  3. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  4. 南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
  5. 松ケ崎海尻町売地
    地下鉄「松ケ崎駅」より徒歩3分の住宅地にて土地が売りだされました。南側は現況駐車場のため、陽当たり・…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る