カテゴリー:不動産市場

  • 「五輪ロスで”不動産下落”は本当か?」について

    「五輪ロスで”不動産下落”は本当か?」について

    オリンピック後に下落すると指摘されている不動産価格。昨年、オリンピック村で売り出されたマンション「ハルミフラッグ」が市場価格よりやや安かったこともあり、不安が高まっている。しかし、不安はやや行き過ぎとみる大槻氏。その理由を過去のオリンピック開催国などを見ながら解説する。
  • 不動産

    2020年以降に暮らす家を考える

    選ばれる街とそうでない街は厳しく選別される。売れない、貸せない、壊せない~死に物件~が大量に発生。自然災害が資産価値の下落や担保価値の毀損につながる。所有する負担と将来価格の下落から不要な不動産は早期売却する。これから暮らす家は、自然災害リスクに強い地域にする。
  • タワーマンション下落

    2020年とそれ以降の不動産市場動向予測

    革命的なこと、破滅的なことが日本に起こらないかぎり、不動産市場は下落基調が続き、売るなら早ければ早いほどいいことになる。できることは「住宅の総量規制(新築税など)」くらいですが、住宅のことなどなにも考えない今の政治では期待できません。
  • 柏市の南北格差をデータで見てみました

    柏市の南北格差をデータで見てみました

    柏市に限ることではございませんが、郊外の住宅地では利便性による二極化が進んでいます。今回の地価データの検証でもそれが確認できます。この傾向は今後も続く、もしくは、より強くなると考えられています。
  • 消費税増税後、今後の不動産市場

    消費税増税後、今後の不動産市場

    マンションだけがダントツに上昇しており、住宅地、戸建ての低迷を目立たなくしている。これは、立地重視の住宅文化が強くなっていることを示す。所有欲が低い現世代は、多額の借金を背負って家を買うより、気軽な賃貸生活の方がいいと考える方が多い。
  • 基準地価

    基準地価の傾向から見る対策

    一口に柏市、柏駅と言っても、4.0ポイント上昇から5.1ポイント下落まで、駅からの利便性により状況はさまざまです。おそらく、今後も同じ傾向は続き、さらに、消費税増税による景気悪化や人口の減少などによっては、この傾向がさらに強くなることが予想されます。
  • 渋滞

    帰省に思う実家の処分

    典型的な悪循環におかれた私の実家は、割りとスムーズに売却できましたが、これは「市場動向と価格戦略」というプロならではの対応ができたためです。
  • 立地

    立地の構成要素

    災害被害にあってしまうと、資産価値としても家計としても致命的な打撃を受けることがあり、長期的な博打をしているようなものかもしれません。
  • 売家

    不動産市場低迷の要因

    住宅ローンが借りれなければ、当然、不動産を購入できない(売却できない)こととなり、市場が低迷します。
  • 消費税増税

    消費税増税後の反動減はもの凄いことに

    8月からの駆け込み需要に間に合わせるためには、6~7月頃から準備を始めておかないと乗り遅れます。今回の消費税増税後の反動減は今まで以上の落ち込みが予測されております。

ピックアップ物件

  1. ウィズ松戸見晴らしの丘
    11階・南西向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、とてもきれいにご使用されております。高台に緑を多く配…
  2. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  3. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  4. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  5. 流山市前ヶ崎売地
    南東と南西の角地、南側間口が広く、西側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る