カテゴリー:不動産市場

  • 渋滞

    帰省に思う実家の処分

    典型的な悪循環におかれた私の実家は、割りとスムーズに売却できましたが、これは「市場動向と価格戦略」というプロならではの対応ができたためです。
  • 立地

    立地の構成要素

    災害被害にあってしまうと、資産価値としても家計としても致命的な打撃を受けることがあり、長期的な博打をしているようなものかもしれません。
  • 売家

    不動産市場低迷の要因

    住宅ローンが借りれなければ、当然、不動産を購入できない(売却できない)こととなり、市場が低迷します。
  • 消費税増税

    消費税増税後の反動減はもの凄いことに

    8月からの駆け込み需要に間に合わせるためには、6~7月頃から準備を始めておかないと乗り遅れます。今回の消費税増税後の反動減は今まで以上の落ち込みが予測されております。
  • 大きな2つの波に乗れるかどうかが成否の分かれ目

    今年は、改元と消費税増税があるため、平年よりも勢いが出る年ですので、早く強く、波が寄せてくると思われます。
  • 記念特需を狙うための工程

    明日、新元号が発表されます。 昭和から平成に代わったとき、 2000年を迎えたミレニアムのとき、 ともに、記念特需で消費が増えました。 不動産の市場でも同じことが起きました。 今回も同じような記念特需が…
  • 地価公示と市場のギャップ

    平成31年の地価公示が発表されました。 国土交通省 平成31年地価公示 http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/totikensangyo_fr4_000251.html (…
  • 新築の売れ行き不振の先に見える未来

    2月3日は節分です。 厳密なことは分かりませんが、旧暦で年が変わる日であり、 もう一つの新年が始まるとも言えます。 今年は、新元号への移行、消費税増税など大きなイベントがあり、 まさに、時代、歴史が変わる年に…
  • 今年は終わりの始まりの年

    新年になり、はや一ヶ月が過ぎようとしています。 この1月は、購入層の動きが活発となり、 不動産市場は活況となりました。 昨年後半から売却に動き出していた方には よい1月になった方も多いかと思います。 不動産…
  • 2019年危機の検証

    年末になると一年の振り返りと共に、 翌年がどのようになるのか、報じられることが多くなります。 メディアなどでは平穏無事であることを ニュースで流しても興味を示されないことから、 良くも悪くも、予測が大げさにな…

ピックアップ物件

  1. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  2. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  3. 野田市鶴奉
    北西側・幅員約6.0m野田市道、南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、陽当たり・風通しが確保しや…
  4. 松戸市稔台戸建て
    南東5m道路に接した敷地に南西側に庭を配し、1階はミニキッチンと柔軟な使い方ができる和室の続き間2室…
  5. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る