カテゴリー:社会経済

  • 「持っている」というのはこういうことを言うのか

    「持っている」というのはこういうことを言うのか(15.11.11) 「下町ロケット2 ガウディ計画:池井戸 潤 著」を読みました。直木賞受賞の下町ロケットの第二弾、前作のロケット部品から医療部品へと舞台を変えて、中…
  • 税務署員は持ち家率が90%以上?

    税務署員は持ち家率が90%以上?(15.12.15) 「税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ・サラリーマン最強の蓄財術(大村大次郎著、中公新書)」にて、税務署員は持ち家率が高いこと、なぜ持ち家率が高いのか、詳細に紹…
  • 耐用年数の短さは社会の重大問題

    耐用年数の短さは社会の重大問題(15.04.26) 私は現在46歳、小学生5年生・10歳の時に、千葉ニュータウンの千葉県供給公社が建てた建売住宅に居住を開始した。今でもそこは実家として母が暮らしており、今年の3月に…
  • 気になる家計格差

    気になる家計格差(06.03.23) 国会でも取り上げられるようになった格差社会。 この言葉は、ニート、フリーター対起業家などの比較で伝えられることが多いですが、 実態としては、ごく普通の家庭・世帯でも家計に格差が…
  • 警告!2008年破綻する家計・生き残る家計

    警告!2008年破綻する家計・生き残る家計(05.06.21) テレビによく出演している萩原博子さんの著書 「警告!2008年破綻する家計・生き残る家計」を読みました。 内容は、これからの日本経済、社会の問…
  • 必要な金銭教育は

    必要な金銭教育は(06.04.14) 今、書店に行き、経済・ビジネスコーナーを見ると、 株や不動産などを通じての投資に関する書籍が多くあります。 これと根幹が同じものでは、起業に関する書籍もあります。 二極…
  • さおだけ屋はなぜ潰れないのか

    さおだけ屋はなぜ潰れないのか(05.05.28) 「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?(身近な疑問からはじめる会計学)」 という本を読みました。著者は、公認会計士で会計のプロですが、 この本は会計学と言うよりは、日常の…
  • ホームロイヤーの家計版。

    ホームロイヤーの家計版。(06.09.17) ホームロイヤーとは、“かかりつけの弁護士”という意味で、 個人や家庭のことを気軽に弁護士へ相談できるように顧問契約を結ぶことです。 医者の場合はホームドクターです。 …
  • 余剰生活費(生活余裕費)

    余剰生活費(生活余裕費)(07.11.16) 先日の基礎生活費のコラムであらかた書いてしまったのですが、 同コラムで余剰生活費のことは次のコラムでと予告済みですので、 ちょっとだけご説明します。 ≪余剰生活…
  • 基本生活費(基礎生活費)

    基本生活費(基礎生活費)(07.11.15) 住宅ローン・不動産購入の資金計画などの相談を受けた際、 生活の基礎となる出費と生活を豊かにする出費に分けて、 家計や適切な住宅ローン借入額などを説明します。 これ…

ピックアップ物件

  1. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  2. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。建築条件ございませんので、お好きなハウスメーカーにて建築…
  3. 南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
  4. 全室南向き、2階の広々としたリビングダイニング、ワイドバルコニーなど、明るい陽射しを取り込めるお住ま…
  5. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る