カテゴリー:不動産取引

  • 台風後の荒川

    ようやく説明が義務化されました

    江戸川区を代表とする下町六区は、区の全域がリスクがあるため、ここまで広範囲だと感覚が麻痺して、恐らく、不動産の取引には大きく影響はしないかもしれません。
  • 民法改正の契約不適合責任への対応について

    民法改正の契約不適合責任への対応について

    「どういう内容で引渡す」かを、売買契約にて定めて、その「内容」にそぐわない場合、1.修補などの追完請求(追加)2.代金減額請求(追加)3.損害賠償請求(従来通り)4.契約解除(従来通り)このようなことを買主は売主へ請求できます。
  • 国土交通省が本気になってきた

    国土交通省が本気になってきた

    住宅の売却や賃貸などを扱う不動産業者に対し、大雨が降った際の水害リスクを浸水が想定される範囲などを示したハザードマップを示し、住まい周辺の危険性を説明するよう義務付ける。
  • 不動産売買の諸経費(と私が騙された小話)

    不動産売買の諸経費(と私が騙された小話)

    不動産の売買だと損得が・・百万円単位になることもあります。諸経費も含めた計算のうえ、ご検討ご判断いただくことをお勧めします。私のチェックミス(思い込み)です。不動産売買ではこのような思い込みは厳禁です。
  • ハザードマップの説明が義務化されない背景

    ハザードマップの説明が義務化されない背景

    日本は全国的に河川が多い平野の低地部に都市が作られています。もし、ハザードマップの説明が義務化されると、都市部の災害リスクに対する意識が強まり、災害リスクの強弱で地価や不動産価格に大きく影響します。
  • 高速道路

    建物状況調査はドライブレコーダー

    万が一、このような人と関わってしまったことに備え、抗弁できるようにしておくためにも、建物状況調査を実施して、できれば既存住宅瑕疵保険にも加入して、リスク対策の実施をお勧めします。
  • 契約

    不動産取引の流れ

    買主側より購入の申し込みが書面で入るところから、売買条件の交渉、調整が始まります。
  • 売却時の家財処分費用

    売却に際しての処分の場合、トラブル防止のために徹底する必要があり、安かろう悪かろうの業者に頼むとトラブルにもつながります。戸建ての場合、庭にある家財の処分もあるため費用は増えます。
  • 建物点検

    建物の欠陥に対する責任と負担について

    引き渡し時には知り得なかった欠陥などが発覚した場合、売主へ物件の修補や損害の賠償を求めることになります。隠れた瑕疵があった場合の売主の責任を「瑕疵担保責任」といいます。
  • 土地売却に際しての私道負担と境界確認・測量

    今週、売却をご依頼いただきました方の事例紹介をさせていただきます。 ■特徴1(私道負担) 基本原則:家を建てる敷地は道路に2m以上接していなければならない。 道路:建築基準法で定められる 今回の事例で…

ピックアップ物件

  1. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
  2. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  3. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  4. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  5. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る