カテゴリー:売却

  • 求む売却物件チラシに踊らされて

    求む売却物件チラシに踊らされて

    まだ、投函される「売却物件求むチラシ」に踊らされてしまう方がいるんだな、今回のような事例は多数報告されているのだから、いい加減に騙されるのは避ければいいものの、不勉強なのか、疑うということを知らないのか。はたまた、この記事は架空のものなのか。
  • 任意売却になる事情から依頼するまでの概要

    任意売却になる事情から依頼するまでの概要

    「任意売却」、広義で解釈すれば、自らの意思で売却すること全般を指しますが、不動産市場で任意売却とされるのは、住宅ローンの残債が売却価格を上回り、不足分を自己資金で補うことができず、金融機関からの承諾のもとに売却するケースを指します。
  • 相続放棄をしておけばよかった

    相続放棄をしておけばよかった

    祖父と祖母の相続手続きが完了していないことを知り、冒頭の「あ、やられた」というところに繋がります。祖父からの相続手続きがなされていないのであれば、現在の相続人は子ども(父と叔父叔母)であり、父が亡い今、代襲相続で私が相続人の一人になります。
  • 住宅ローンの返済が苦しくなる前に

    住宅ローンの返済が苦しくなる前に

    多くの方は、金融機関に相談されず延滞が始まり、売却などの検討をしないまま進み、金融機関が債券回収会社(サービサー)に債権(住宅ローン)を移って(代位弁済通知が届く)から慌てて動きだします。
  • 離婚に伴う自宅の処置それぞれ

    離婚に伴う自宅の処置それぞれ

    売却という一時的なことなら離婚手続きの一環としてやり切れることもございますが、離婚後、数年、数十年と円滑に進むのがレアなことは、養育費の未払い問題の本質を考えても明白です。相手方の状況はわかりづらくなり、経済的な負担の増加と心理的な疲れ、経済環境の悪化などから、支払いが滞ることも多く、なにかとトラブルが多くなります。
  • 離婚による不動産売却

    離婚に伴う財産分与(自宅を保有している場合)

    もし、夫が住宅ローンの返済を滞り売却せざる負えない、さらには競売等で退去せざる負えないことになるかもしれないということです。そうなると、退去することで子供含めた生活に影響を及ぼすこと、経済的な負担が増えること、結果的に財産分与が不平等になること、などの負担を生じてしまいます。
  • 相続や施設入居からの実家売却

    相続や施設入居からの実家売却

    2025年、団塊の世代が後期高齢者(75歳)になります。今後、昨年、私が経験したようなケースがますます増加し、比例して、相続案件からの売却数も増加します。相続発生後の売却、施設入居に伴う売却など、それぞれのタイミングで、どのような選択がベストか、ご家族や不動産の状況で個々に判断は変わります。
  • 住宅ローン

    売却せざる負えないとき、任意売却、競売のどちらがいいか。

    それぞれに良い面もあれば、悪い面もあります。実際には、まず、不動産がいくらくらいで売れるのか、債権額との兼ね合いなどの現状を確認してみて、その後、どちらよいのか判断することになります。
  • 不動産賃貸

    自宅を貸すか売るかの判断方法

    住宅ローンのあるなしに関わらず、暮らすことはない、戻ることはない、ということであれば、下落基調の地域では売却が基本選択になります。
  • 古家付売地の対応について

    古家付売地の対応について

    建物の築年数や状態などから建物としての評価が出ず、建物があるままの状態で土地として売却することがございます。このようなケースを「古家付売地(現況渡し)」と言います。

ピックアップ物件

  1. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  2. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  3. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
  4. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  5. 流山市前ヶ崎売地
    南東と南西の角地、南側間口が広く、西側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る