カテゴリー:売却

  • 住宅ローンの返済が苦しくなる前に

    住宅ローンの返済が苦しくなる前に

    多くの方は、金融機関に相談されず延滞が始まり、売却などの検討をしないまま進み、金融機関が債券回収会社(サービサー)に債権(住宅ローン)を移って(代位弁済通知が届く)から慌てて動きだします。
  • 離婚に伴う自宅の処置それぞれ

    離婚に伴う自宅の処置それぞれ

    売却という一時的なことなら離婚手続きの一環としてやり切れることもございますが、離婚後、数年、数十年と円滑に進むのがレアなことは、養育費の未払い問題の本質を考えても明白です。相手方の状況はわかりづらくなり、経済的な負担の増加と心理的な疲れ、経済環境の悪化などから、支払いが滞ることも多く、なにかとトラブルが多くなります。
  • 離婚による不動産売却

    離婚に伴う財産分与(自宅を保有している場合)

    もし、夫が住宅ローンの返済を滞り売却せざる負えない、さらには競売等で退去せざる負えないことになるかもしれないということです。そうなると、退去することで子供含めた生活に影響を及ぼすこと、経済的な負担が増えること、結果的に財産分与が不平等になること、などの負担を生じてしまいます。
  • 相続や施設入居からの実家売却

    相続や施設入居からの実家売却

    2025年、団塊の世代が後期高齢者(75歳)になります。今後、昨年、私が経験したようなケースがますます増加し、比例して、相続案件からの売却数も増加します。相続発生後の売却、施設入居に伴う売却など、それぞれのタイミングで、どのような選択がベストか、ご家族や不動産の状況で個々に判断は変わります。
  • 住宅ローン

    売却せざる負えないとき、任意売却、競売のどちらがいいか。

    それぞれに良い面もあれば、悪い面もあります。実際には、まず、不動産がいくらくらいで売れるのか、債権額との兼ね合いなどの現状を確認してみて、その後、どちらよいのか判断することになります。
  • 不動産賃貸

    自宅を貸すか売るかの判断方法

    住宅ローンのあるなしに関わらず、暮らすことはない、戻ることはない、ということであれば、下落基調の地域では売却が基本選択になります。
  • 古家付売地の対応について

    古家付売地の対応について

    建物の築年数や状態などから建物としての評価が出ず、建物があるままの状態で土地として売却することがございます。このようなケースを「古家付売地(現況渡し)」と言います。
  • 任意売却が可能なタイミング

    任意売却が可能なタイミング

    競売よりも、1.早期売却(早い再出発)、2.高額(その後の返済計画が楽に)、3.債務者の状況に応じた引越しなどの売却が可能なことから、任意売却を選ばれる方も多くなっております。しかし、任意売却にもデメリットもありますので、専門家に相談することがとても重要であり、大事なことは「少しでも早く」相談されることです。
  • 任意売却のご相談をするポイント

    任意売却のご相談をするポイント

    売却金額が残債を下回り、かつ、不足分を補う資金がない場合、通常であれば売却できませんが、債権者との協議(売却後の返済方法)のうえ、売却する手法が任意売却になります。
  • ブルーパー(へま・どじ)・ルームとは?

    ブルーパー(へま・どじ)・ルームとは?

    大事になる(これが80%以上と言ってもいい)のが「物件の第一印象です」。見学するかどうか、購入するかどうか、この判断は第一印象で決まるといっても過言ではありません。いくら営業マンが、(法規的、道義的には別として)ものすごい営業をしたとしても、気に入っていない物件を買うことはしません。

ピックアップ物件

  1. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  2. 流山市前ヶ崎売地
    南東と南西の角地、南側間口が広く、西側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  3. 鎌ケ谷市南鎌ケ谷戸建て
    南西向き、南側のカースペースより陽射しを取り込める明るいお住まいです。リビングと和室を一体利用すると…
  4. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  5. 南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る