カテゴリー:相続

  • 相続放棄をしておけばよかった

    相続放棄をしておけばよかった

    祖父と祖母の相続手続きが完了していないことを知り、冒頭の「あ、やられた」というところに繋がります。祖父からの相続手続きがなされていないのであれば、現在の相続人は子ども(父と叔父叔母)であり、父が亡い今、代襲相続で私が相続人の一人になります。
  • 相続や施設入居からの実家売却

    相続や施設入居からの実家売却

    2025年、団塊の世代が後期高齢者(75歳)になります。今後、昨年、私が経験したようなケースがますます増加し、比例して、相続案件からの売却数も増加します。相続発生後の売却、施設入居に伴う売却など、それぞれのタイミングで、どのような選択がベストか、ご家族や不動産の状況で個々に判断は変わります。
  • 高齢者と住宅

    現在の不動産環境で起きている問題

    土地に利用価値・資産価値があれば、相続人は積極的に登記(所有)するが、コストや手間がかかるばかりでプラスがない場合、相続登記をすることなく放置してしまう。
  • 遺言書

    相続法の改正について

    相続人ではない親族でも、被相続人の介護や看病に貢献した場合、相続人に対し、金銭の請求をすることができるようにしました。結婚20年以上の夫婦なら、配偶者に贈与した家は相続財産の対象から外れることとなりました。
  • 相続法(民法)の改正で何がどう変わる?

    配偶者が相続開始時に被相続人が所有する建物に居住していた場合に、遺産の分割がされるまでの一定期間、その建物に無償で住み続けることができる権利ができました。
  • 自分のためにも家族のためにも認知症対策・不動産篇

    家族信託の概要・本人の代わりに財産の管理をできるように委託する制度。(家族に信じて託す、という言葉の通り)。権利自体はそのままで、名義だけ移動します。(イメージとしては代理人の選定に近いでしょうか)
  • 住宅ローン

    相続税・贈与税の基本

    貸家や貸地、宅地などに関しては評価の減額などの特例があります。路線価や固定資産税評価額が時価よりも低いことやこれらの特例があることから、相続税節税のために不動産が活用されることが多くなります。
  • 「相続不動産は共有にするな」という鉄則

    共有にせざるを得ないのであれば、即時、売却をして現金化して分けることをお勧めします。鉄則を少しアレンジしますと、「相続不動産を共有で保持し続けるな、共有したらすぐに現金化」
  • 相続と不動産

    名義が被相続人から変更していない場合、 遺産分割協議書という書類を作成し、相続人全員が承諾していることを確認する必要があります。
  • 公正証書遺言

    遺言について、法律的には“法定事項、死亡による効果発生、 単独意志表示、法定方式”と定められ、自筆証書遺言の場合、 方式の不備、紛失・隠蔽、家庭裁判所での検認手続きなど、 効果実現までに懸念事項がある。

ピックアップ物件

  1. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  2. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  3. 南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
  4. ウィズ松戸見晴らしの丘
    11階・南西向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、とてもきれいにご使用されております。高台に緑を多く配…
  5. 松ケ崎海尻町売地
    地下鉄「松ケ崎駅」より徒歩3分の住宅地にて土地が売りだされました。南側は現況駐車場のため、陽当たり・…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る