カテゴリー:相続

  • 高齢者と住宅

    現在の不動産環境で起きている問題

    土地に利用価値・資産価値があれば、相続人は積極的に登記(所有)するが、コストや手間がかかるばかりでプラスがない場合、相続登記をすることなく放置してしまう。
  • 遺言書

    相続法の改正について

    相続人ではない親族でも、被相続人の介護や看病に貢献した場合、相続人に対し、金銭の請求をすることができるようにしました。結婚20年以上の夫婦なら、配偶者に贈与した家は相続財産の対象から外れることとなりました。
  • 相続法(民法)の改正で何がどう変わる?

    平成30年7月に相続に関する法律が大きく改正されました。 この改正により、相続に関して、なにが、どのように変わったのかご紹介します。 1)「配偶者居住権」の創設 配偶者居住権は、配偶者が相続開始時に被相続人…
  • 自分のためにも家族のためにも認知症対策・不動産篇

    母が実家(母名義)を売りたい、と、 事あるごとに口にしますが、 プロとしての助言として、売ることはできないと伝えています。 その理由は「認知症」だからです。 (伝えたことを覚えていないので、何度でも売りたいと…
  • 住宅ローン

    相続税・贈与税の基本

    民法で財産を承継できる人を定めており、これを法定相続人と言いますが、遺言や遺産分割協議などがある場合はそれが優先されるため、実際の相続人と必ずしも一致するものではありません。法定相続人は、配偶者、子供、父母、兄弟姉妹が範…
  • 「相続不動産は共有にするな」という鉄則

    弊社では「売却の窓口」ネットワークに加盟し、そのノウハウなどを売却活動に活用しております。そのネットワークの基礎となった会社「価値住宅」創業者で代表の高橋氏がインタビュー記事で取り上げられておりました。https://w…
  • 相続と不動産

    相続と不動産(06.11.25) “相続税”となると大半の方が基礎控除や課税価格の計算方法などから 相続税は課税されず、関係ないことも多いですが、 “相続”となると誰しも必ずというくらいに関係することになります。 …
  • 公正証書遺言

    公正証書遺言(07.05.12) 遺言について、法律的には“法定事項、死亡による効果発生、 単独意志表示、法定方式”と定められ、自筆証書遺言の場合、 方式の不備、紛失・隠蔽、家庭裁判所での検認手続きなど、 効果実現…
  • 養子縁組

    養子縁組(07.05.12) 養子とは、養親と法的に親子関係を結んだ者をいい、養子縁組届けが受けられた日から、 養親の嫡出子※となり、相続権も含め、実子と同じ状態・権利を取得する。 ◆ 養子縁組の条件 …
  • 相続の仕方

    相続の仕方(07.05.12) 相続の仕方には、単純承認、限定承認、相続放棄の三つがあり、 相続を知った日から3ヵ月以内に、どれかを選択しなければならず、 限定承認、相続放棄がされないときは単純承認したとみなされま…

ピックアップ物件

  1. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  2. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  3. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  4. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  5. プレミアムフォート柏
    キッチン、浴室にも窓がある南西角部屋の採光性は高く明るい住戸、植栽などでプライバシー性も確保されてお…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る