カテゴリー:任意売却

  • 任意売却のご相談をするポイント

    任意売却のご相談をするポイント

    売却金額が残債を下回り、かつ、不足分を補う資金がない場合、通常であれば売却できませんが、債権者との協議(売却後の返済方法)のうえ、売却する手法が任意売却になります。
  • 住宅ローン

    新サイト開設記念、小冊子(PDF)無料プレゼント

    増税により、消費の縮小からの景気悪化、世帯の所得の減少からの貧困など、とてもとても厳しい状況が待ち受けています。この所得減少は、住宅ローンの返済が厳しくなる方が増加させます。
  • もし、住宅ローンの返済ができなくなったらどうなるのでしょうか?

    もし、住宅ローンの返済ができなくなったらどうなるのでしょうか?

    悲しいかな、住宅ローン破たん者が急増する中、ローンの支払いに困窮している人々につけこみ、「任意売却だから仕方ない」と売却活動に無頓着に扱う業者がほとんどです。
  • 住宅ローン

    任意売却物件として進めていくかどうかの判断

    完済する資金は、売却代金で賄いますが、 その代金でも、また、自己資金でも補えない場合、 このままでは、売ることができませんが、 債務整理(債権回収)などを目的に、 担保権者の承諾の元、完済できない場合でも売却することがございます。
  • 任意売却の相談

    依頼者の状況を理解してくれる、任意売却だからといって通常の売却よりも手を抜かない、など、業者の選定は大事なポイントになります。
  • 任意売却の基本とメリット

    「任意売却」と呼ばれる取引は、売買代金と手持ち資金にて不動産に設定されている担保権等の解除が見込めないため、債権者側と調整・配分することで、売却に際して支障となる担保権の解除(抹消)をしてもらうことにより成就する売却のことを指します。
  • 任意売却物件の売買契約留意点

    買主側へ任意売却物件であること(債権額が取引額を上回ること)を伝える必要がございます。また、そのことに対する内容や注意点(リスク)、取り扱いについても説明する必要がございます。
  • 住宅金融支援機構債権の任意売却

    任意売却について、住宅ローンのご返済が困難になった場合、残念ではありますが任意売却又は法的措置(競売)によりご自宅を手放していただくことになりますが、当方では次の観点から任意売却をお勧めしています。
  • 任意売却のご相談をするポイント

    任意売却代金の分配

    差押え、抵当権、先取特権、賃借権などの解除を、売買契約の締結までに合意を得て、決済と同時に解除してもらいます。すべての債権者からこれらの権利を解除してもらうために、その大前提となるのが、各債権者の債権額の確定です。
  • 住宅ローンの諸費用

    任意売却の流れ

    一般的な金融機関の場合、返済の延滞が始まっても、保証会社(債権回収会社)からの代位弁済が行われないと任意売却を始められません。

ピックアップ物件

  1. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  2. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  3. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
  4. 全室南向き、2階の広々としたリビングダイニング、ワイドバルコニーなど、明るい陽射しを取り込めるお住ま…
  5. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る