カテゴリー:任意売却

  • もし、住宅ローンの返済ができなくなったらどうなるのでしょうか?

    もし、住宅ローンの返済ができなくなったらどうなるのでしょうか?

    悲しいかな、住宅ローン破たん者が急増する中、ローンの支払いに困窮している人々につけこみ、「任意売却だから仕方ない」と売却活動に無頓着に扱う業者がほとんどです。
  • 任意売却物件として進めていくかどうかの判断

    不動産を売却されるほとんどの方は該当しませんが、 売却される物件の中に「通称:任意売却物件」がございます。 昨日、ご購入先を探されている方と一緒に、 物件を探しながら資料を見ていましたところ、 物件概要の備考…
  • 任意売却の相談

    後ろ向きな売却となる任意売却では、担当する不動産業者、担当者の見極めと信頼関係が大事となります。信頼関係を築くためにも、円滑に進めるためにも、ご相談時にお伝えいただきたいことがございます。 1.債務の状況 抵…
  • 任意売却の基本とメリット

    所有者の意思により売却することは全て任意売却ですが、不動産市場のなかで「任意売却」と呼ばれる取引は、売買代金と手持ち資金にて不動産に設定されている担保権等の解除が見込めないため、債権者側と調整・配分することで、売却に際し…
  • 任意売却物件の売買契約留意点

    宅建業法第47条にて「--省略--、次に掲げる行為をしてはならない。--省略--、次に該当する事項について、故意に事実を告げず、又は不実のことを告げる行為。--省略--、取引の関係者の資力若しくは信用に関する事項であつて…
  • 住宅金融支援機構債権の任意売却

    住宅金融支援機構より公開されております「任意売却パンフレット http://www.jhf.go.jp/files/300176772.pdf 」にて、任意売却の事務処理に必要となる手続や書類が示されております。以下、こ…
  • 任意売却代金の分配

    任意売却でも形式は一般的な不動産売買と変わらないため、売買契約書の約款に記載されている「買主の完全なる所有権を妨げる権利・義務を除去抹消しなければならない」という取り決めを実行するのが前提となります。 差押え、抵当…
  • 任意売却の流れ

    不動産の売却にて、一般的な売却と任意売却の違いは、不動産の担保権者による抵当権抹消の応諾が必要であることです。 売主・所有者に借金があっても、売却する不動産に担保設定がなければ、一般的な売却となります。担保設定がさ…
  • 任意売却の実務

    売却代金をもって、債務の全額返済ができれば問題ございませんが、債権者に残債以下の返済でも抵当権の抹消に応じていただくという不自然な取引となるため、実務も特別な部分があります。 まず、勘違いしてはいけないのが、債権者…
  • 任意売却のタイミング

    債務支払いの滞納から競売に至るまでの期間は、裁判所の混み具合、債務者や物件の状況、債権者の意向などにより案件ごとにまちまちです。 任意売却を実行するタイミングは、返済の延滞後、保証会社からの代位弁済(債権移行)、債…

ピックアップ物件

  1. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  2. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。建築条件ございませんので、お好きなハウスメーカーにて建築…
  3. 全室南向き、2階の広々としたリビングダイニング、ワイドバルコニーなど、明るい陽射しを取り込めるお住ま…
  4. 野田市鶴奉
    北西側・幅員約6.0m野田市道、南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、陽当たり・風通しが確保しや…
  5. 白井市七次台土地戸建て
    南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、南西側は道路が伸びて、広々とした空間は開放感をもたらしま…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る