タグ:ハザードマップ

  • 台風後の荒川

    ようやく説明が義務化されました

    江戸川区を代表とする下町六区は、区の全域がリスクがあるため、ここまで広範囲だと感覚が麻痺して、恐らく、不動産の取引には大きく影響はしないかもしれません。
  • 国土交通省が本気になってきた

    国土交通省が本気になってきた

    住宅の売却や賃貸などを扱う不動産業者に対し、大雨が降った際の水害リスクを浸水が想定される範囲などを示したハザードマップを示し、住まい周辺の危険性を説明するよう義務付ける。
  • 江戸川区ハザードマップ

    水害リスクの説明が義務化されると

    社会的な混乱をすることが目に見えているため、国としては、浸水リスクの説明義務化というパンドラの箱を開けることを躊躇ってきましたが、さすがに、もう、限界だったのかもしれません。(売主の財産価値よりも買主の生命と生活を優先するという方針)
  • ハザードマップの説明が義務化されない背景

    ハザードマップの説明が義務化されない背景

    日本は全国的に河川が多い平野の低地部に都市が作られています。もし、ハザードマップの説明が義務化されると、都市部の災害リスクに対する意識が強まり、災害リスクの強弱で地価や不動産価格に大きく影響します。

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る