タグ:任意売却

  • 住宅金融支援機構の返済支援策

    住宅金融支援機構の返済支援策

    一時的な返済の調整で対応が可能か(薬などの内科的な処置)、売却もしくは法的な手続きにより一気に打開するか(手術などの外科的な処置)、どちらがいいのか、個々の状況により変わってくると思います。
  • 売主募集(求む売却物件)のチラシ内容が変わった

    売主募集(求む売却物件)のチラシ内容が変わった

    GW期間中に投函されたチラシでは、「住宅ローン返済でお悩みの方」、「債務整理、自己破産をご検討の方」、「預貯金がない方、他にも返済がある方」、「収入が減った方、生活に困っている方」、など、お気軽にご相談ください、(家を売却して楽になりましょう的な)という内容
  • 住宅ローン

    売却せざる負えないとき、任意売却、競売のどちらがいいか。

    それぞれに良い面もあれば、悪い面もあります。実際には、まず、不動産がいくらくらいで売れるのか、債権額との兼ね合いなどの現状を確認してみて、その後、どちらよいのか判断することになります。
  • 任意売却が可能なタイミング

    任意売却が可能なタイミング

    競売よりも、1.早期売却(早い再出発)、2.高額(その後の返済計画が楽に)、3.債務者の状況に応じた引越しなどの売却が可能なことから、任意売却を選ばれる方も多くなっております。しかし、任意売却にもデメリットもありますので、専門家に相談することがとても重要であり、大事なことは「少しでも早く」相談されることです。
  • 任意売却のご相談をするポイント

    任意売却のご相談をするポイント

    売却金額が残債を下回り、かつ、不足分を補う資金がない場合、通常であれば売却できませんが、債権者との協議(売却後の返済方法)のうえ、売却する手法が任意売却になります。
  • 住宅ローン

    新サイト開設記念、小冊子(PDF)無料プレゼント

    増税により、消費の縮小からの景気悪化、世帯の所得の減少からの貧困など、とてもとても厳しい状況が待ち受けています。この所得減少は、住宅ローンの返済が厳しくなる方が増加させます。
  • 住宅ローン

    任意売却物件

    簡単に言えば、借金返済のために売り出された物件です。 ここでポイントになるのは、債権者が主導して、不動産の売却による返済へと導くことでしょうか。
  • 老後不安

    今の生活不安と老後の生活不安の対抗策

    住宅ローンの借り入れ額は低くして、早く完済して、老後に暮らす家を準備しておき、いざという時に売却して、老後資金の足しにするということを、現役時代から蓄えのひとつとして行うこと
  • 任意売却のご相談をするポイント

    任意売却

    競売が債権者側(金融機関)からの申し出による強制的な売却、債務返済となるのに対し、所有者自らの意思で売却するケースを任意売却と呼び、競売や通常の売却と区別しています。
  • 住宅ローンの諸費用

    競売・任意売却の対象にならないためには

    毎月送られてくる競売情報誌を眺めていると、競売までに至った原因(収入減など)はわかりませんが、一般的な住宅が多く見受けられ、そのほとんどが住宅ローンの支払いが不能になってというものです。 一般的な不動産の流通市場で…

ピックアップ物件

  1. 印西市美瀬戸建て
    明るい角地の戸建て住宅~旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)施工~地震や火災に強く、基本躯体60年超の耐…
  2. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
  3. 松戸市稔台戸建て
    南東8mと南西4m道路の角地に接し、道路から高台となる敷地のため陽当たり、風通し、見晴らしが良く、開…
  4. 白井市七次台土地(北総線西白井駅)
    南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、南西側は道路が伸びて、広々とした空間は開放感をもたらしま…
  5. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る