タグ:任意売却

  • 任意売却の基本とメリット

    「任意売却」と呼ばれる取引は、売買代金と手持ち資金にて不動産に設定されている担保権等の解除が見込めないため、債権者側と調整・配分することで、売却に際して支障となる担保権の解除(抹消)をしてもらうことにより成就する売却のことを指します。
  • 任意売却物件の売買契約留意点

    買主側へ任意売却物件であること(債権額が取引額を上回ること)を伝える必要がございます。また、そのことに対する内容や注意点(リスク)、取り扱いについても説明する必要がございます。
  • 住宅金融支援機構債権の任意売却

    任意売却について、住宅ローンのご返済が困難になった場合、残念ではありますが任意売却又は法的措置(競売)によりご自宅を手放していただくことになりますが、当方では次の観点から任意売却をお勧めしています。
  • 任意売却のご相談をするポイント

    任意売却代金の分配

    差押え、抵当権、先取特権、賃借権などの解除を、売買契約の締結までに合意を得て、決済と同時に解除してもらいます。すべての債権者からこれらの権利を解除してもらうために、その大前提となるのが、各債権者の債権額の確定です。
  • 住宅ローンの諸費用

    任意売却の流れ

    一般的な金融機関の場合、返済の延滞が始まっても、保証会社(債権回収会社)からの代位弁済が行われないと任意売却を始められません。
  • 住宅ローン

    任意売却の実務

    売却代金をもって、債務の全額返済ができれば問題ございませんが、債権者に残債以下の返済でも抵当権の抹消に応じていただくという不自然な取引となるため、実務も特別な部分があります。
  • 住宅ローン

    任意売却のタイミング

    任意売却を実行するタイミングは、返済の延滞後、保証会社からの代位弁済(債権移行)、債権回収会社への移管した後に、債権者と協議を進めながら始め、競売が実行されるまでの期間となります。
  • 住宅ローン

    任意売却の基礎知識

    任意売却は、利害関係者が多く、関係者すべてと情報を正確に共有しなければ不動産取引は無事に完結できません。
  • 住宅ローン

    買っても大丈夫?任意売却とは。

    任意売却とは、例えば、売主様が住宅ローンを払えなくなり、「差押」手続きなどが開始されてしまっているケースです。差押がされると、次には裁判所の「競売」手続きが始まってしまいます。
  • 任意売却

    競売件数が減少した分、任意売却物件が増加

    任意売却なら競売よりも資金回収額は増加するため、金融機関としてもよい結果となることから、金融機関から見ると、金融庁の意向は尊重して顔を立て、かつ、回収額は増え、債権管理の労が減るという一石二鳥、一石三鳥となります。

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る