タグ:共有

  • 「相続不動産は共有にするな」という鉄則

    共有にせざるを得ないのであれば、即時、売却をして現金化して分けることをお勧めします。鉄則を少しアレンジしますと、「相続不動産を共有で保持し続けるな、共有したらすぐに現金化」
  • 相続人

    共有

    兄弟姉妹の共有が続くうちに、この誰かが亡くなり、 さらに相続が発生すると、相続人が新しい共有者になり、共有者の数が増えてしまいます。 叔父、叔母と甥、姪などの関係になると、さらに合意が難しくなり、 不動産が塩漬けということになってしまう恐れがあります。

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る