タグ:共有

  • 「相続不動産は共有にするな」という鉄則

    共有にせざるを得ないのであれば、即時、売却をして現金化して分けることをお勧めします。鉄則を少しアレンジしますと、「相続不動産を共有で保持し続けるな、共有したらすぐに現金化」
  • 相続人

    共有

    兄弟姉妹の共有が続くうちに、この誰かが亡くなり、 さらに相続が発生すると、相続人が新しい共有者になり、共有者の数が増えてしまいます。 叔父、叔母と甥、姪などの関係になると、さらに合意が難しくなり、 不動産が塩漬けということになってしまう恐れがあります。

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  3. 松戸市稔台戸建て
    南東8mと南西4m道路の角地に接し、道路から高台となる敷地のため陽当たり、風通し、見晴らしが良く、開…
  4. 柏市光ヶ丘売地
    南側・幅員約4.0m私道、西側・幅員約6.0m柏市道の南西角地、南側道路部よりも高くなっており、陽当…
  5. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る