タグ:地価

  • 不動産デフレが始まる?

    不動産デフレが始まる?

    今回の新型コロナウイルス感染やリーマンショックによる影響は、どちらも一時的な要因ですが、消費税増税という日本経済が弱っているところに、人口減少、家余りの拡大という長期下落トレンドが加速していくなかで起こったことは、リーマンショック時の比ではない。
  • 不動産市場が崩壊する前に

    令和2年地価公示と市場崩壊

    今回の新型コロナウイルス感染問題があり、リーマンショック、バブル崩壊以上に、景気は低迷し、不動産価格も大きく下落すると推測されています。
  • 柏市の南北格差をデータで見てみました

    柏市の南北格差をデータで見てみました

    柏市に限ることではございませんが、郊外の住宅地では利便性による二極化が進んでいます。今回の地価データの検証でもそれが確認できます。この傾向は今後も続く、もしくは、より強くなると考えられています。
  • 基準地価

    基準地価の傾向から見る対策

    一口に柏市、柏駅と言っても、4.0ポイント上昇から5.1ポイント下落まで、駅からの利便性により状況はさまざまです。おそらく、今後も同じ傾向は続き、さらに、消費税増税による景気悪化や人口の減少などによっては、この傾向がさらに強くなることが予想されます。
  • 地価公示と市場のギャップ

    平成31年の地価公示が発表されました。 国土交通省 平成31年地価公示 http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/totikensangyo_fr4_000251.html (…
  • まだ買うな!不動産(週刊エコノミスト)

    公示地価、基準地価、路線価など、毎年、不動産に関する指標が発表されると、それに呼応して経済誌を中心に不動産の特集記事が掲載されます。 今年の公示地価が発表されると、先陣を切って週刊エコノミストが「まだ買うな!不動産…
  • 基準地価の内容を鵜呑みにしてはならない

    平成29年基準地価が発表されました。これだけ地域差、個体差が生じてくると、発表内容の概要にはあまり意味がなく、個々に不動産を考えていかなければならない。 近年の公示地価、基準地価の傾向は、「利便性が高い地域は価値が…

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  3. 印西市美瀬戸建て
    明るい角地の戸建て住宅~旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)施工~地震や火災に強く、基本躯体60年超の耐…
  4. 松戸市稔台戸建て
    南東8mと南西4m道路の角地に接し、道路から高台となる敷地のため陽当たり、風通し、見晴らしが良く、開…
  5. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
売却の窓口

アーカイブ

ページ上部へ戻る