タグ:相続税

  • 住宅ローン

    相続税・贈与税の基本

    貸家や貸地、宅地などに関しては評価の減額などの特例があります。路線価や固定資産税評価額が時価よりも低いことやこれらの特例があることから、相続税節税のために不動産が活用されることが多くなります。
  • 相続税対策から貸家が増えても

    地価には実勢価格(時価)の他、公示地価、基準地価、固定資産税評価額など目的により複数の地価が存在するという不思議なことがありますが、そのうちの一つである路線価が国税庁より発表されました。 2017年は全国の標準宅地…
  • 税理士

    資産組替

    資産価値をそのままに、相続税を減らすのは、借金そのものに意味があるのではなく、 借金で得た現金を相続税評価の低い資産に組み替える“資産組替”によって生じるのです。
  • タワーマンション下落

    小規模宅地の特例

    たくさんの金融資産をお持ちで相続税が発生しそうだなと思われた場合で、自宅が所有していないなら、金融資産の一部で自宅購入をすることによる資産の組み換え効果で、相続税が軽減され、また、もしかしたら相続税が発生しなくなるかもしれません。
  • 離婚による不動産売却

    相続対策の基本

    すべてを完璧にという対策はまず無理であり、どこを捨てて、どこを得るか、 欲張らずに行うことが相続を成功へと導きます。
  • 相続税

    相続税取得費加算

    不動産売却の利益は、売った金額から取得費や売却諸費用を除いた金額になりますが、 この取得費に相続財産を譲渡した場合の特例として、 相続人が相続で取得した不動産に占める相続税の金額を取得費に加えることができます。
  • 税理士

    相続税改正のポイント

    改正内容)現行の基礎控除:5000万円+1000万円×法定相続人の数 → 改正後:3000万円+600万円×法定相続人の数(配偶者と子供二人で4,800万円)
  • 贈与税

    相続発生3年以内の生前贈与の例外

    生前に資産を渡した際に発生するのが贈与税、死後に資産(遺産)を渡した際に発生するのが相続税。どちらも、資産が対価なく移転する際の税金であり、受け取った方に課税されます。
  • 相続税

    活況な相続対策ビジネス

    賃貸経営は、空き家増加(人口減少)の状況からの空室リスク、賃貸経営の収支(損すれば単純な資産減少、儲かる場合はさらなる相続対策)
  • タワーマンション下落

    相続税対策と相続対策の違い

    相続税対策は、資産額を変えずに課税対象の評価額を変えることが王道であり、具体的には金融資産を不動産資産へと組み替えることとなる。金融資産4,000万円を不動産へ変換して最大80%の評価減となり課税評価が4,800万円となれば、基礎控除額以内に収まり、相続税対策としては有効だったかもしれない。

ピックアップ物件

  1. 低層住居が建ち並ぶ静かな住宅地に所在します。五香駅・逆井駅の中間地に位置し、各方面に展開しやすい立地…
  2. ガーデンコート松戸五香
    5階・南向き住戸につき見晴らし陽当たり良好、きれいにご使用されております。室内はリフォームをしており…
  3. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  4. クリオ松戸伍番館
    都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  5. 流山市前ヶ崎売地
    南東と北東の角地、南側間口が広く、東側道路が低いため、陽当たり・風通しが確保しやすいプランが作りやす…
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る