タグ:財産

  • 遺産

    相続財産

    民法では相続財産を、相続開始時(死亡時)に被相続人に帰属していたものと定めています。 これはプラスの財産もマイナスの財産もあり、そのどちらも相続することになる。
  • 離婚による不動産売却

    寄与分

    被相続人の財産の維持・増加に因果関係があると認められた場合、 寄与分が発生しますが、共同相続人の協議で決めると定められており、 寄与した者が一方的に“寄与分を主張”しても認められません。

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る