タグ:路線価

  • 路線価

    宅地の評価

    地積を決定し、その後、奥行、間口、接道、形状などによって加算・補正をします。 地積は実際の面積(実測)が基本ですが、大きな差異がない前提で 公簿(登記簿)の面積を採用します。しかし、売却や分筆する際は実測面積になります。
  • 路線価

    相続財産の評価

    相続財産は、原則として相続開始時の時価で評価します。 上場株式や預貯金などは簡単に分かり、不動産のうち建物は、 市町村で個々に評価してある“固定資産税評価額”のため、 評価はすぐに分かりますが、土地と非上場株式(いわゆる中小企業のオーナー)は 評価が複雑で難しくなっております。
  • 路線価

    鑑定評価

    相続税の申告のために土地を評価する場合、路線価方式が中心となり、 当該敷地に接する道路の路線価から修正項目(面積、傾斜、形など)による調整をして求めます。 すべての土地の約90%は路線価方式で対応できますが、一部例外がある場合、鑑定評価を行います。

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る