タグ:遺言

  • 遺言書

    相続法の改正について

    相続人ではない親族でも、被相続人の介護や看病に貢献した場合、相続人に対し、金銭の請求をすることができるようにしました。結婚20年以上の夫婦なら、配偶者に贈与した家は相続財産の対象から外れることとなりました。
  • 公正証書遺言

    遺言について、法律的には“法定事項、死亡による効果発生、 単独意志表示、法定方式”と定められ、自筆証書遺言の場合、 方式の不備、紛失・隠蔽、家庭裁判所での検認手続きなど、 効果実現までに懸念事項がある。
  • 遺言

    遺言

    遺言は単純に新しい日付の物が有効となる。このため、書き換えなどのリスクがある。 遺言の種類に優劣はなく、新しいほうが有効。
  • 遺言

    遺留分

    兄弟姉妹は遺留分の主張はできない。このため、兄弟姉妹に相続させず、 配偶者にすべてを相続させたい場合は、遺言が効果的になる。
  • 遺言

    相続時の登記手続き

    遺産分割協議前でも法定相続での登記手続きなら1人でも可能。遺産分割協議後、協議の内容に伴う相続登記なら確定

ピックアップ物件

  1. 登録されている記事はございません。
売却の窓口

アーカイブ

最近の投稿

ページ上部へ戻る