カテゴリー:コラム

  • 立地

    立地の構成要素

    災害被害にあってしまうと、資産価値としても家計としても致命的な打撃を受けることがあり、長期的な博打をしているようなものかもしれません。
  • 売家

    不動産市場低迷の要因

    住宅ローンが借りれなければ、当然、不動産を購入できない(売却できない)こととなり、市場が低迷します。
  • 老後資金

    老後資金は2,000万円で足りるのか

    報告書を基に考えれば、共働き世帯で、退職金を2,000万円超をもらい、亡くなるまで暮らせる住居を持っていること、(もちろん住宅ローンなし)これが、老後を不安なく暮らせる前提条件となる。
  • 不動産営業

    いい担当者の選び方

    ・資格(宅建)を持っている・時間を守る・返事が早い・様々な情報に強い・知識を持っている・分析力がある(メリット、デメリット)・家を買った(売った)経験がある・一つの会社に定着している(転勤や退職で逃げない)
  • 住み替え

    売って買ってのお住み替えの肝

    売りが先か、買いが先かは、お住み替えされる方の状況などにより変わりますので、プロに一度ご相談ください。一般の方(または買い手側の業者)は、売却価格を期待値で高くする傾向がありますので要注意
  • 消費税増税

    消費税増税後の反動減はもの凄いことに

    8月からの駆け込み需要に間に合わせるためには、6~7月頃から準備を始めておかないと乗り遅れます。今回の消費税増税後の反動減は今まで以上の落ち込みが予測されております。
  • 不動産営業

    売却チャンスを逃さない依頼の仕方

    一般媒介で、複数の業者へ依頼することにより、業者は「うちを通してほしい」という欲望から、売却するためのベストを尽くすようになります。
  • 契約

    不動産取引の流れ

    買主側より購入の申し込みが書面で入るところから、売買条件の交渉、調整が始まります。
  • 大きな2つの波に乗れるかどうかが成否の分かれ目

    今年は、改元と消費税増税があるため、平年よりも勢いが出る年ですので、早く強く、波が寄せてくると思われます。
  • 売却時の家財処分費用

    売却に際しての処分の場合、トラブル防止のために徹底する必要があり、安かろう悪かろうの業者に頼むとトラブルにもつながります。戸建ての場合、庭にある家財の処分もあるため費用は増えます。

ピックアップ物件

  1. 柏市関場町売地
    南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、南側の間口が広く、南側隣接地よりも約3.4m高いのため、陽…
  2. 価格:980万円 所在地:流山市前ヶ崎668-35 交通:常磐線 北小金駅 徒歩17分 面積:…
  3. 野田市鶴奉
    北西側・幅員約6.0m野田市道、南側に庭を配しプライバシー性を確保しつつ、陽当たり・風通しが確保しや…
  4. 都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  5. 白井市七次台土地戸建て
    南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、南西側は道路が伸びて、広々とした空間は開放感をもたらしま…
売却の窓口
ページ上部へ戻る