カテゴリー:不動産取引

  • 下取り契約

    下取り契約(08.09.02) 新しい住宅を購入する際、現在の自宅を売却してその資金を購入代金に充てるというのが、 買い替えの場合の一般的な資金計画です。 ※最近、自宅は売らなくても新しい家は買えるので、賃…
  • 数量指示売買(実測売買)

    数量指示売買(実測売買)(08.08.28) 民法及び判例では、数量指示売買とは、当事者において目的物の実際に有する 数量を確保するため、その一定の面積・容積・重量等を売主が契約において表示し、 かつ、この数量を基…
  • 交換契約

    交換契約(08.09.04) 不動産の権利と金銭を交換することが売買契約であることから、 広く意味を捉えれば、不動産の売買も交換契約の範疇に入るかもしれない。 不動産の実務では、不動産の権利同士を交換し合うことを交…
  • 建築条件付の土地契約

    建築条件付の土地契約(08.09.04) 建築条件付きの土地契約とは、土地の売買契約をするにあたり、 その土地に建築する建物の“請負契約を一定期間内に締結する”ことを 条件とした契約形態です。 この建築条件…
  • 損害賠償と違約金

    損害賠償と違約金(08.11.20) 損害賠償: 主に民事での争いにおける違法な行為により損害を受けた者に対して、 その原因を作った者が損害の埋め合わせをすることで、 この中には将来受けたであろう対価も含まれる。…
  • 未完成物件の契約

    未完成物件の契約(08.11.20) 建売住宅や新築マンション、または、造成中の宅地、 リフォーム中の中古住宅を購入する際、 まだ工事が未了(未完成)の物件の売買契約を締結することがあります。 新築マンショ…
  • 手付金等の保全

    手付金等の保全(08.11.23) 今年、上場企業の倒産はバブル崩壊後に記録した戦後最多に並びました。 まだ、年末までに時間があることから記録を更新してしまうかもしれません。 その中で目立つのは、マンション販売業者…
  • 契約交渉の不当破棄(民法改正中間試案)

    契約交渉の不当破棄(民法改正中間試案)(13.02.27) 不動産業に身を置く者に必須となる資格が宅地建物取引主任者。宅地建物取引業法(以下、業法)では、この資格を有している者が5人に1人以上の割り合いでいればいい…
  • 情報を知らずに契約しても自己責任

    情報を知らずに契約しても自己責任(13.03.20) 契約を締結するかどうかの判断材料となる情報は、当事者が自己責任で収集すべきであり、その情報を知らずに契約して損害が発生したとしても、相手方は責任を免れる。 …
  • 住宅ローン特約・融資利用特約

    住宅ローン特約・融資利用特約(13.03.31) 住宅を購入する際の売買契約において、住宅ローンを利用する場合、住宅ローンが借りれなかった(融資の承認が得られなかった)際、契約を白紙とし、受領済みの金員を返還すると…

ピックアップ物件

  1. 価格:750万円 所在地:柏市南逆井1-6-11 交通:新京成線 五香駅 徒歩18分 面積:9…
  2. 価格:630万円 所在地:柏市新逆井一丁目32-16 交通:新京成線 五香駅 徒歩27分 面積…
  3. 白井市七次台土地戸建て
    南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、南西側は道路が伸びて、広々とした空間は開放感をもたらしま…
  4. 南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、北西側は近隣公園に接し、南東側は道路が伸びて、広々とした…
  5. 価格:1,780万円 所在地:千葉県流山市東深井882-123 交通:東武野田線運河駅より徒歩1…
売却の窓口
ページ上部へ戻る