カテゴリー:不動産取引

  • 生産緑地法

    生産緑地法(07.06.30) 生産緑地法では、市街化区域内にある土地のうち、公害又は災害の防止、 農林漁業と調和した都市環境の保全等良好な生活環境の確保に相当の効用があり、 かつ、公共施設等の敷地の用に適した土地…
  • 土壌汚染対策法

    土壌汚染対策法(06.10.03) 土壌汚染対策法は、平成15年2月より施行されました。 同法の目的は、土壌汚染の状況の把握に関する措置及び その汚染による人への健康被害の防止に関する措置を定めること等により、 土…
  • 重要事項説明とは

    重要事項説明とは(06.02.20) 一般的に「不動産会社」と呼ばれる会社は、 法律的に「宅地建物取引業者」という呼び名になります。 これは「宅地建物取引業法」という法律で不動産会社の 行なう業務や免許などを取り決…
  • 建築協定,地区計画

    建築協定,地区計画(06.04.17) 建築基準法では、 敷地の利用や建物の建築の最低基準を一律に定めたもので、 全国均一に適用されます。 そのため、各地域や地区ごとの状況や事情を考慮するにはさらに 細かく…
  • 風致地区

    風致地区(06.06.11) 風致地区は、市街地に残されている自然景勝地、市街地周辺の丘陵地、 景色のすぐれた水辺地、歴史的な意義のある地区等にて指定されます。 この地区内の制限については、政令で定める基準…
  • 都市計画

    都市計画(07.01.11) 都市は、大勢の人が生活するために、さまざまな利用がなされています。 この利用を自由にしてしまうと、無秩序な利用になってしまい、 環境や利便性など阻害されることから、都市全体の観点から …
  • 文化財保護法

    文化財保護法(06.10.20) 不動産を購入する前に行う重要事項説明では、大きく分けて3分野+1に大別されます。 3分野は、対象となる不動産、対象となる法規制、契約内容になり、 プラス1は取引に関わる宅建業者(不…
  • 土地区画整理

    土地区画整理(07.01.14) 新しく街や住宅街を作る際、土地区画整理事業として施工されます。 お堅く言うと「公共施設の整備改善及び宅地の利用増進を図るため、 土地の区画形質の変更及び公共施設の新設または変更を行…
  • 開発行為・許可

    開発行為・許可(07.01.12) 都市計画法では、無秩序な宅地開発を防止し、良好な住環境に適合する宅地開発にするため、 一定規模や規定に該当する開発行為を都道府県知事の許可が必要としています。 既に市街化…
  • 宅地造成等規制法

    宅地造成等規制法(07.06.01) 大雨などで崖が崩れ、家の下の土が流されて家が浮いているような 光景をテレビで見た方も多いと思います。 これは土を押さえている擁壁や崖に強度がなく、 大量の水や土砂の圧力に負けて…

ピックアップ物件

  1. 価格:2,380万円 所在地:千葉県柏市小青田2-1-2 交通:つくばエクスプレス/柏たなか駅 …
  2. 価格:1980万円 所在地:松戸市高塚新田150-80 交通:武蔵野線市川大野駅より徒歩13分 …
  3. 価格:2,080万円 所在地:千葉県印西市原2丁目 交通:北総鉄道/印西牧の原駅 徒歩4分 …
  4. 価格:1,970万円 所在地:千葉県鎌ケ谷市南鎌ケ谷一丁目4-23 交通:新京成線鎌ケ谷大仏駅よ…
  5. 価格:1,800万円 所在地:千葉県松戸市根本 交通:JR常磐線・JR常磐緩行線/松戸駅 徒歩4…
売却の窓口
ページ上部へ戻る