カテゴリー:不動産取引

  • 文化財保護法

    文化財保護法(06.10.20) 不動産を購入する前に行う重要事項説明では、大きく分けて3分野+1に大別されます。 3分野は、対象となる不動産、対象となる法規制、契約内容になり、 プラス1は取引に関わる宅建業者(不…
  • 土地区画整理

    土地区画整理(07.01.14) 新しく街や住宅街を作る際、土地区画整理事業として施工されます。 お堅く言うと「公共施設の整備改善及び宅地の利用増進を図るため、 土地の区画形質の変更及び公共施設の新設または変更を行…
  • 開発行為・許可

    開発行為・許可(07.01.12) 都市計画法では、無秩序な宅地開発を防止し、良好な住環境に適合する宅地開発にするため、 一定規模や規定に該当する開発行為を都道府県知事の許可が必要としています。 既に市街化…
  • 宅地造成等規制法

    宅地造成等規制法(07.06.01) 大雨などで崖が崩れ、家の下の土が流されて家が浮いているような 光景をテレビで見た方も多いと思います。 これは土を押さえている擁壁や崖に強度がなく、 大量の水や土砂の圧力に負けて…
  • 用途地域

    用途地域(07.04.21) 都市計画法の基本として“地域地区”の定めがあり、 この中で一般的で中核をなすのが“用途地域”です。 用途地域は、土地の利用のあり方を決めるもので、 市街化区域では定めることにされていま…
  • 建築物の接道義務

    建築物の接道義務(08.03.02) 建築基準法では、都市計画区域及び準都市計画区域内の建築物の敷地は、 次の各号の一に該当する幅員4メートル(一部6m)以上の道路に 2メートル以上接しなければならないと定めており…
  • 宅地建物取引業保証協会

    宅地建物取引業保証協会(08.01.12) 高額な不動産取引では、取引で事故などがおこった場合、 被害も大きくなるため、その被害を軽減するために、 不動産会社は営業保証金を供託しないと 免許がおりず営業をすることが…
  • 守秘義務VS告知義務

    守秘義務VS告知義務(08.08.08) ◆守秘義務 不動産業者及びその社員は、業務で知り得た事柄を外部に漏らしてはいけません。 これを守秘義務といい、不動産業だけでなく、医者や弁護士なども含め、当然のこと…
  • 住宅瑕疵担保履行法

    住宅瑕疵担保履行法(08.08.04) 耐震偽装問題が起きた際、分譲業者の資金力不足から消費者が守れなかったことを教訓に、 新築住宅を分譲・建築する会社に対して資力確保措置を義務付けることになりました。 それが住宅…
  • 建物区分所有法

    建物区分所有法(08.09.03) 正式名称:建物の区分所有等に関する法律 第1条 一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所 又は倉庫その他建物としての用途に供することができるもの…

ピックアップ物件

  1. 2018/5/17

    沼南エリカ
    価格:490万円 所在地:千葉県柏市大井934番2 交通:常磐線/柏駅 バス10分エリカ前より徒…
  2. 価格:1,800万円 所在地:千葉県松戸市根本 交通:JR常磐線・JR常磐緩行線/松戸駅 徒歩4…
  3. 価格:780万円 所在地:柏市南増尾4-16-3 交通:常磐線 南柏駅 バス9分 徒歩5分 面…
  4. 価格:880万円 所在地:野田市宮崎54-12 交通:東武野田線野田市駅 徒歩12分 面積:1…
  5. 価格:980万円 所在地:流山市前ヶ崎668-35 交通:常磐線 北小金駅 徒歩17分 面積:…
売却の窓口
ページ上部へ戻る