カテゴリー:不動産市場

  • 大きな2つの波に乗れるかどうかが成否の分かれ目

    今年は、改元と消費税増税があるため、平年よりも勢いが出る年ですので、早く強く、波が寄せてくると思われます。
  • 記念特需を狙うための工程

    明日、新元号が発表されます。 昭和から平成に代わったとき、 2000年を迎えたミレニアムのとき、 ともに、記念特需で消費が増えました。 不動産の市場でも同じことが起きました。 今回も同じような記念特需が…
  • 地価公示と市場のギャップ

    平成31年の地価公示が発表されました。 国土交通省 平成31年地価公示 http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/totikensangyo_fr4_000251.html (…
  • 新築の売れ行き不振の先に見える未来

    2月3日は節分です。 厳密なことは分かりませんが、旧暦で年が変わる日であり、 もう一つの新年が始まるとも言えます。 今年は、新元号への移行、消費税増税など大きなイベントがあり、 まさに、時代、歴史が変わる年に…
  • 今年は終わりの始まりの年

    新年になり、はや一ヶ月が過ぎようとしています。 この1月は、購入層の動きが活発となり、 不動産市場は活況となりました。 昨年後半から売却に動き出していた方には よい1月になった方も多いかと思います。 不動産…
  • 2019年危機の検証

    年末になると一年の振り返りと共に、 翌年がどのようになるのか、報じられることが多くなります。 メディアなどでは平穏無事であることを ニュースで流しても興味を示されないことから、 良くも悪くも、予測が大げさにな…
  • 首都圏の市場状況

    今年も残すところ一週間余りとなり、 忘年会に参加された方も多いかと思われます。 先日、東京駅近くで開催されました忘年会では、 ・大手仲介業者の仲介本部長 ・大手仲介業者の都内の支店長 ・神奈川県の湘南、相模…
  • 週刊東洋経済:新築の急減速と超老朽化のダブル危機

    週刊東洋経済にショッキングなタイトルの特集が掲載されました。 特集「マンション絶望未来」 内容は大きく二つに分かれています。 1)マンション市場、2)既存マンションの維持管理 マンション市場では、新築マン…
  • 今後の不動産市場環境

    「賃貸住宅融資、支援機構が厳格化 サブリース巡り懸念」 住宅ローンを扱う独立行政法人・住宅金融支援機構は 今年度から、賃貸住宅向けの融資基準を厳しくした。 アパートやマンションを業者が一括で借り上げ、 家…
  • 売却のベストな時期

    実は1年のうちに、 高く売れやすい時期とそうでない時期があります。 人が家を買おうと思ったとき、 いつまでに入居していたいかと考えます。 仕事でも家庭でも、 区切りがあるタイミングでの引越しを想定します…

ピックアップ物件

  1. 白井市七次台土地戸建て
    南西向きで陽射しを取り込める敷地のお住まい、南西側は道路が伸びて、広々とした空間は開放感をもたらしま…
  2. 南西側に加えて南東側の広い間口より陽射しが差し込みます。道路幅も広く、南側よりやや高い敷地にて開放的…
  3. 都心への玄関口「松戸」駅より徒歩4分、スーパーなど商業施設が近隣に揃い、賃貸募集もしやすい好立地の投…
  4. 価格:750万円 所在地:柏市南逆井1-6-11 交通:新京成線 五香駅 徒歩18分 面積:9…
  5. 価格:2,780万円 所在地:千葉県松戸市古ヶ崎3-3442-10 交通:常磐線北松戸駅より徒歩…
売却の窓口
ページ上部へ戻る